teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 妄想(5)
  2. ハート出会いNo.1ハート(2)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. 東京・神奈川・千葉 モデル・AV女優募集・高収入仕事情報(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 6月14日(木)22時51分3秒
  私はネームプレート工場に住み込みで働いていた。

その工場の主人は、
自分も貧しいくせに困っている者に金をやっては
忘れてしまう底抜けの善人だった。

はじめ私はこの主人が「狂人」ではないかとさえ思ったぐらいで。
そんな主人だから、おのずとこの家の中心は主人の細君になる。

私は主人系の人間だから、いやな仕事が一手に回ってくる。

★セックス面でどうですか?
はい、細君・たいこ・巨乳・巨尻です。
私(たいこ)は、私・幸次郎の陰茎を取り出し、
巨根だったので、フェラしました。

幸次郎は、「わっ、35歳だけど、童貞なんです」
と言って悶えました。
そこへ、夫・成之助が、やってきて、
「あっ、これでは、幸次郎君の将来の花嫁さんがかわいそうだ」
といって、全裸になり、粗チンを起てました。

事後、幸次郎は、
「これで私も男になれました。
処で、研究者として大事なところはそこだろうと、私は今でも考えている。
一度、真似をすると、永久に真似をしてゆくのである。
創意工夫、独立独歩、
これをつらぬくにはたゆまぬ努力がいるし、
同時に、ひとりよがりに陥らぬための、
しっかりした哲学が必要となるわけだ」
と言い、私は、
「巨根、これからも使わしてもらうよ、ふふ。
処で、多くの企業は成功すると事業の多角化を始め、
会社としての焦点がぼやけて、魂を失ってしまう。
四半期ごとの決算の黒字化や、
その帳尻あわせのための企業買収や事業の拡大など、
設立当初の理想からどんどん離れて
本質を失っていく」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★夫・成之助は、どうしたのですか?
おなっていました。

 一方で一緒に働いている職人の軽部は、
私がこの家の秘密を探りにきたスパイだと疑っている。

私にしてみれば、ばかばかしいことなので無視していた。

その後、軽部は工場が持つ特許の話を聞いて、
それを私が盗むのではないかと、疑いだした。

その頃、主人から「一緒に研究をやってみないか」と言われた私は、
誰も入る事が許されなかった暗室へ自由に出入りする権利を得た。

これに腹を立てた軽部が、私に難癖をつけてしつこい。

けれど軽部は化学方程式さえ読めない。

そんな人間に実験を手伝わせたって邪魔になるだけだと言ってやったら、
軽部は私に逆らわなくなった。

新たに入ってきた屋敷と言う職人が気になってきたのは、
彼の不器用な手つきと
鋭い目つきのせいだった。

しかし彼と仕事をしているうちに、親しみを感じ始めた。

ある日軽部が屋敷をねじ伏せているところを見た。

これがきっかけで3人が殴り合いになった。

屋敷は最後に謝ったが、彼も軽部も私を疑っているのは明白だ。

しかしその後、屋敷は間違って重クロム酸アンモニアを飲んで、
死んでしまうのだった。

★セックス面でどうですか?
はい、軽部も屋敷も、陰茎を取り出したのですが、
どちらも粗チンで、役に起ちません。
どっちも握ったら、私の顔に射精しました。

★二人とも、童貞ですか?
はい、で、近所の老婆・83歳を連れて来て、筆下ろしをさせました。
夫の成之助は、やっぱり覗いて、粗チンを起てていました。
 
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 6月14日(木)02時10分45秒
  土方歳三の義兄は
日野宿で町道場を開いているが、
そこには天然理心流の近藤いさみが出稽古に来る。

歳三は女には手の早い青年だが剣も強い。

それは、喧嘩剣法とも言うべき実戦向きのものだったが、
たまたま、甲源一刀流の比留間半造、六車宗伯、七里研之助が
道場破りに来た時
七里と相対し
この相手に宿命的なつながりを予感した。

世が騒然としている中で、
近藤は時流を見つめて読書に耽っていた。

一方、歳三は、
六所明神の神官下猿渡佐渡守の妹で、
夫に死別した佐絵という高貴な女性と知り合い、
深い仲になっていった。

だが、歳三は、乱世においては剣だけが頼りであることを知っている。

★セックス面でどうですか?
はい、佐絵・巨乳・巨尻です。
歳三は、精力が強いです。何回でも起つのです。

★初めて歳三と嵌ったのを憶えていますよね。
はい、歳三は、
「巨乳ですね、ふふ。
処で、自分のしている仕事がすばらしいものだと何度もくり返し唱えているうちに、
本当にすばらしいものになってきます。
絶対にいけないのは、自己を卑下することです」
と言って、全裸になり、陰茎を起てました。

事後、私は、
「結構、硬いね、ふふ。
処で、自分の道は自分で選ぶ。
人のコースを進んでも、いいことないよ」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★あなたは、歳三の義兄とも嵌ったのではありませんか?
実は、そうなんです。
歳三の紹介でした。
義兄は、
「実は、童貞なんです。よろしくお願いします。
処で、我々は、希望がひとかけらでも残っている限り、
繰り返し、繰り返し挑戦して、絶対に、へこたれてはならない」
と言って、全裸になり、陰茎を起てました。

事後、私は、
「いい竿してるじゃん。今後も嵌ろう。
処で、人の気持ちの痛みをわかってあげる、
誰にだって、つらい時や悲しい時がある。
いつも相手の立場に立って考えてあげよう」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★あなたは、近藤いさみとも嵌ったのではありませんか?
実は、そうなんです。
近藤いさみは、
「実は、僕、童貞なんです。よろしくお願いします。
処で、人生に何かを期待するのは間違っている。
人生が、私に期待しているのだ」
と言って、全裸になり、陰茎を起てました。

事後、私は、
「ふふ、粗チンだね。それに早かったね。
処で、人間は、頭ではわかっていても、なかなか行動しようとしないものです。
このような場合、たいてい感情的な障壁があって、行動を妨げているのです」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★あなたは、甲源一刀流の比留間半造、六車宗伯、七里研之助とも
嵌ってるのではありませんか?
実は、そうなんです。
道場で、3人まとめて、筆下ろししました。
最初は、比留間半造で、
「勝てる人間になる方法、
それは見栄を捨てて優秀な人間に素直に学び、
それをさっさと実践する事だ」
と言って、全裸になり、陰茎を起てました。

事後、私は、
「股間の一刀流は、あまり硬くなかったよ。それと、小さい。
処で、心をよみがえらせる泉は、
自分の胸中からわいてこねば、
心身をよみがえらすことはできない」
と言って、ブッと屁を垂れました。

次に六車宗伯が、
「大事なのは、今を十分に感じること。
未来や過去への取り越し苦労や持ち越し苦労をせずに、今を精いっぱい生きること。
そして自分の内側に目を向け、感じることだ」
と言って、全裸になり、陰茎を起てました。

事後、私は、
「これも粗チンで、早かったね。
処で、わざわざ人の嫌がるようなことを云ったり、したりするんです。
そうでもしなければ私の存在を人に認めさせることが出来ないんです。
私は無能です。仕方がないからせめて人に嫌われてでもみようと思うのです」
と言って、ブッと屁を垂れました。

次に七里研之助が、
「風がほとんど無く、穏やかな快晴。
鳥の鳴き声が聞こえ、素晴らしい夕日から今夜の月を見た」
と言って、全裸になり、陰茎を起てました。

事後、私は、
「わお、またまた粗チンだね。粗チン3人男だ。
処で、よく考えてから行動しよう、
思いつきで行動して、後から後悔する事ってあるよね。
始めに良く考えてから行動すれば、きっとうまくいくよ」
と言って、ブッと屁を垂れました。

その後、一人が嵌り、一人が口淫、一人に玉握りを
いろいろ交代で、やりました。
3人で、一人前と言いたいけど、3人で半人前でした。

そこに、土方歳三と近藤いさみがやってきて、
「あっ、狡い、狡い。
僕たちも参加だ」
と言って、二人とも、全裸になり、陰茎を起てました。
で、5人と嵌りました。

 ある日、歳三が無法にも闇討ちをかけてきた六車を斬ったことから、
七里は彼に勝負を申し込んできた。

二人の勝負は結着がつかず、
ついに、比留間一門と近藤一門の者たちが、
河原で激突することになった。

この争いで近藤一門は勝ったが、
今度も七里と歳三の勝負はつかなかった。

それから五年後--
清川八郎が浪士隊を率いて京都に上り、
尊王派に寝返ったりして
動乱が京洛に渦巻く頃、
左絵と別れた歳三は
近藤を押し立て、
新選組を組織して活躍を始めた。

やがて、
沖田総司からの情報で
佐絵が勤王派に属していることを知った歳三は
佐絵と再会した。

しかし、その時現われたのが七里研之助。

再三相対した二人は、またもや結着のつかぬまま別れた。

やがて、勤王派の動きが激しくなってくると、
新選組は
彼らの謀議の場所と時刻をつきとめようとし、
佐絵を捕えた。

歳三は複雑な想いだったが、佐絵の望みで、二人だけで会った。

その時の佐絵の情報は、
「今夜五ツ、池田屋」というものだったが、
もう一つの情報では、
場所が“丹虎”だった。

新選組は迷い二手に分かれて、
それぞれ目的の場所に向ったが、
結局、佐絵の言葉の正しいことが分った。

そこで歳三は七里と相対した。
それは最後の勝負とは思えない程あっけなく、
七里は歳三の前に敗れ去った。

やがて池田屋騒動も終り、
歳三は佐絵の許に駆けつけた.

★セックス面でどうですか?
はい、私は、女陰を開いて見せました。

歳三は、
「やっぱり女陰はいいよな。
処で、どうでもいい人に何をされても、怒らないし気にしない。
大事な人にしか怒らないし、怒る時もすごく真剣。
中途半端に遠慮したりもしない。本当にそのままぶつけてく。
でもそれは「愛してる」って叫んでるようなものだと思う」
と言って、全裸になり、陰茎を起てました。

事後、私は、
「よく起つチンポだね。
処で、複雑な人、傷つきやすい人。感受性豊かなんだね。
きっと、そこから出たときの光は明るいよ。
そこから出たところから、光を照らすから、安心してね。
迷ってもいいよ。ゆっくりね」
と言って、ブッと屁を垂れました。
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 6月12日(火)15時53分22秒
  クレー射撃場の指導員・三崎敦は
百発百中をもって知られた人気者だった。

彼は友人・石橋幹夫の経営する飲食店の二階に下宿していた。

ある日彼は
射撃練習にきた混血娘の王明芳と知合った。

彼女はシンガポールの東華飯店の娘で、
黒沼が主宰するインターナショナル・プロの招きで、
同プロのマレー踊りの臨時教師として来日していた。

ある夜、敦は、東華飯店の東京支店で明芳と会い、
彼女から彼の異母妹・白蘭が
シンガポールの明芳の店の踊り子をやっていたことを聞いて驚いた。

★セックス面でどうですか?
はい、明芳・26歳・巨乳・巨尻です。
で、敦の陰茎を取り出しました。
巨根で、聞いたら、童貞でした。

事後、敦は、
「32まで童貞でした。破ってくれてありがとう。
処で、私は、【セルジューク朝】の研究者です。
中央アジアにつくられたトルコ系スンナ派の王朝です。
11世紀半ば、トゥグリル=べクが、バクダードを陥落させ、ブワイフ朝を打倒しました。
アッバース朝カリフからスルタンの称号を授かります。
で、次第に版図を拡大し、ビザンツ帝国を圧迫しました。
最後は内紛により4つの小王朝に分裂したのです」
と言い、私は、
「ふふ、ピンクの亀頭だね。
処で、【トルコ共和国】は、1923年に建国が宣言された。首都はアンカラ。
初代大統領はムスタファ=ケマル。
憲法制定、政教分離、カリフ制廃止、文字改革、女性解放など
西欧を範とする近代化路線がとられた」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★敦はおならを嗅ぎましたか?
はい、くんくんと嗅いで、おいしいと言いました。

数日後、彼は大切にしていた連発銃を手放して
白蘭を探しにシンガポールへ発った。

その夕方、敦は南国の街に降り立ち、
早速シンガポールの町を八方手をつくし探し回ったが、
手がかりはなかった。

偶然、彼はバー“デルタ”で幼友達のまゆみと再会した。

白蘭のことをたずねると顔を曇らすだけで
何も語ろうとはしなかった。

やがて明芳も日本から帰ってきた。

★あなたは、シンガポールでも敦とセックスをしたのですか?
はい、で、交接中にまゆみが入って来て、
「何という獣の姿なの。
処で、成功者は、例え不運な事態に見舞われても、
この試練を乗り越えたら必ず成功すると考えている。
そして、最後まで諦めなかった人間が成功しているのである」
と言って、全裸になり、愛液を垂らしました。

で、敦の陰茎を掴んで、自分の女陰に挿入しようとします。

私「何をするの。私の陰茎よ」
まゆみ「心の狭いことを言わないの」
私「そういうことなの?」
まゆみ「そうよ」

事後、敦は、
「ああ、明芳との貞節を破ってしまった。悔しい。
処で、怒る人は多くの場合許せないものがあって怒るんじゃなくて、
怒りたくて許せないものを探してるのだ。
だから、怒っている人は何にでも怒っている。
許せてないのが自分自身だという事にまだ気付いていないのだ」
と言い、まゆみは、
「ふふ、いい陰茎ね。
処で、その他大勢の意見という雑音に、
自分の内なる声を溺れさせてはいけない。
最も大事なことは、
自分の心に、自分の直感についていく勇気を持つことだ。
心や直感はすでに、あなたが本当になりたいものを知っている。
それ以外は二の次だ」
と言って、ブッと屁を垂れました。

敦と明芳はふとしたことから
白蘭がマレー人集落にいる消息をつきとめ、
現地少年に案内されて
集落へ向ったが既に白蘭は
小高い丘の墓の下に眠っていた……。

何者かに身体を汚されることを避けての自殺だった。

敦は“必ず仇をうつ”と誓い、
妹を死に追いやった男が
“デルタ”に出入りしていたことを聞いて
“デルタ”を洗い始めると、
一味は東南アジアに根を張る組織であることが分り、
さらに驚いたことには
陰で操っていたのがインターナショナル・プロであると知って
急ぎ日本へ戻った。

だが幹夫たちの協力も空しく、
すでにインターナショナル・プロは閉鎖されていた。

やがて明芳も敦の後を追って
シンガポールから東京にやってきた。

★犯人は見つかりましたか?
はい、黒沼です。
で、裸に剥いて、性器を野球のバットで、叩きました。
気を失ったところで、海に突き落としました。
処で、敦の友人・石橋幹夫の陰茎を取り出したら、
巨根だったので、交接しました。

幹夫は事後、
「38まで童貞でした。
処で、カタチのない世界で 今君と 結び合える愛コトバ」
と言い、私は、
「巨根だね、ふふ。
処で、B.C.586に、
新バビロニア王国のネブカドネザル2世による
ユダヤ人のバビロン捕囚が行われたわ。
後にアケメネス朝ペルシャのキュロス2世によって
解放されたのですけど、
これが後にユダヤ教のメシア思想や選民主義に繋がりますわ」
と言って、ブッと屁を垂れました。

 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 6月 7日(木)22時18分47秒
  若い修行僧の宗朝は、飛騨から信州への山越えをする際、
ふもとの茶屋で富山の薬売りに出合った。

その先の二股道で二人は道を別にしたが、
宗朝は薬売りが行った道は危険で、
いまや人の往来のない旧道だと知った。

そこで、仏の道に仕える宗朝は、
見殺しにできず、その後を迫って旧道に入った。

急いで歩いていくと、蛇の群れに道を妨げられて、立ちすくみ、
やっとの思いで難を逃れると、
次はヒルが雨のように降ってきて、宗朝の血を吸った。

そんな恐ろしい目に遭い、疲れきった頃、宗朝はやっと一軒の家に着いた。

そこには、この世の者とは思えぬ美しい女が住んでいた。

女は宗朝を泊めることを承知し、馬市に出す馬を連れて来た男に留守を頼むと、
旅の汗を流すために谷川へと宗朝を案内した。

谷川に着くと
「すっぽり裸体になってお洗いなさいまし、私が流して上げましょう」
と言つて女が宗朝の脊を流してくれた。

いつの間にか、女は着物を脱いで、全裸になっていた。

川への往復の途中、蛙や大コウモリや猿が女にまとわりつく。

女はいたずらの過ぎる子供をあしらう母親のようであった。

★セックス面でどうですか?
はい、女・巨乳・巨尻です。
宗朝が巨根だったので、嵌りました。
若い僧は「童貞なんです。恥ずかしい」と言いました。

★猿たちは見ているのですか?
はい、おなっているのもいます。

事後、宗朝は、
「あなたは男の経験が豊富なんですね。
若き命も過ぎぬ間に
楽しき春は老いやすし
誰が身にもてる宝ぞや
君くれなゐのかほばせは」
と言い、私は、
「坊主だけに童貞だね。
君がまなこに涙あり
君が眉には憂愁あり
堅く結べるその口に
それ声も無きなげきあり」
と言って、ブッと屁を垂れました。

 家に帰ると留守を頼んでいた男が、
馬市へ行くため馬小屋から馬を引き出していた。

宗朝を見て「もとの体で帰らっしゃったの」と不思議な事をいう。

その夜、宗朝は家の周りを鳥や獣が二重も三重も取り囲んで、
鳴いているような異様な気配を感じた。

そして、その気配のうごめくのに応えるかのように、
女がうなされる声が聞こえてくる。

宗朝が一心不乱に陀羅尼経を唱えると
やがて気配は静まり、女もうなされなくなる。

★セックス面でどうですか?
はい、自慰をしていました。

翌朝、宗朝は一夜の礼を言ってその家を発ったが、
女の妖艶さが忘れられず、
引き返して女と一緒に暮らすことを考えていた。

しかし、そこへ昨日馬を連れて行った男と出会う、
昨日連れていった馬は、女の魔力によって姿を変えられた薬売りの男であり、
女にまとわりついた動物たちは、
女にもてあそぱれた男たちの成れの果てであると教えてくれた。

それを聞いた宗朝は、ぴっくりして一目散に里へ下りていった。

★セックス面でどうですか?
はい、粗チンは皆、動物にしてしまいました。
宗朝は巨根だったので、動物にしませんでした。
で、馬丁に宗朝は巨根だから、交接用に飼うから連れて来るように言いました。

★で、毎日、宗朝と嵌っているのですか?
はい、後、馬丁に巨根を探させて、数人の巨根を飼っています。
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 5月12日(土)20時56分46秒
  酒井紅子の私小説・告白

1958年、
東京の片隅、荒川放水路に沿った北千住の工場街。

そこにある小さなハモニカ工場も、
ナベ底の不景気風で屋台骨が傾いていた。

社長の妻・酒井紅子は、それとは無関係に淫乱だ。

惣菜天ぷら屋の娘、チヨエは
仕上工で卓球がうまく、人気者だ。

老職工の息子・正一は、
ハモニカの内部に弁をとりつける波動工である。

彼は、ある日作業中のハモニカから
「今月の三十一日は私の生れた日です。
私はこの日一番素晴しいものを正一さんに贈りたいと思います」
と書かれた紙片を見つけた。

差出人は、男女対抗の卓球大会の日に、ようやく判明した。

勝ち残ったチヨエと、
最後の挑戦者正一を見比べて、
仲間の金之助が、
「やれよ、相手は十月三十一日生れの好敵手だぞ」
と叫んだからだ。

これがきっかけとなって、正一はチヨエと親しさを増した。

★セックス面で、どうですか?
私、社長の妻・酒井紅子(41歳・巨乳・巨尻)は、
金之助(22歳・巨根・童貞)の筆下ろしをしました。
★金之助は、「ママのボインに包まれたい」と言いましたか?
はい、事後、金之助は、
「人生を生きるには、修練が必要です。
まずまずの目的、
過ち多き行為、
ぐらぐらしている意志
そうした中で
人生をうやむやに過ごしてはなりません」
と言いました。
そうして、母性溢れる私の大きな乳房を吸いながら、
金之助は、何度も射精しました。
★淫語を響かせましたか?
はい、「童貞ちんぽ、おいしい」とか言いました。
その結果、金之助は思考停止に陥ったのです。
で、夫のハモニカ会社社長・由紀夫(32歳)は、
横にいて、粗チンを擦っていました。
子供はいますが、父親は違います。

正一の先輩職工・石田は、
食堂の給仕ハルと一緒になれなかった。

すべては低い賃金のためだ。

ハルは家族の犠牲となって、川向うの自転車屋に嫁いでいった。

★セックス面で、どうですか?
ハルは(19歳・巨乳・巨尻)は、
自転車屋・伊東敏夫(28歳・巨根・童貞)を筆下ろししました。
敏夫は、ハルの極上オッパイを
「見て」「揉んで」「吸って」愉しみました。
で、事後、敏夫は、
「誰かを踏みつけて勝ち取った
 地上の栄光など、
 神さまの目から見たときには
 闇でしかありません。
 誰かのために自分を差し出すときに灯る
 小さな愛の光だけが、
 この世界を照らす光なのです」
私は、
「すべてを運命のせいだとあきらめてはいけない。
これまでの努力を無駄にしないためにも」。
で、諦めてはいけないと思ったハルは、
「職工・石田が好きでした。
食堂の給仕の私と一緒になれませんでした。
すべては低い賃金のためで、私は家族の犠牲となって、
比較的に金のあるあなたに処女を捧げました」
すると、敏夫は泣いて、
「それは知らなかった。
それなら、時々合って、セックスしてもいい。
ただし、膣外射精して欲しいから、
私の前で、セックスしてほしい」。
で、後日、伊藤敏夫の前で、
石田修(26歳・巨根・童貞)は、ハルに筆下ろしされました。
ハルは、ギンギンに勃起したペニスを谷間に「挟んで」パイズリしました。
修は、その乳圧と摩擦の感触を味わい、一回目の射精をしました。
で、筆下ろしされた修は、
「何事もゆきづまれば、
まず、自分のものの見方を変えることである。
案外、人は無意識の中にも一つの見方に執して、
他の見方のあることを忘れがちである」。
で、陰茎をこすりながら見ていた伊藤敏夫は、
「いいよ、膣内射精しても」
と言って、ハルと修を泣かせました。
で、さっそくすぐ膣内射精をしました。
★伊藤敏夫は人が良すぎませんか?
ハルもそう思い、
最近では石田修に
「酒井紅子さんにやってもらいなさい」と言い、
私が修と交接しています。

低賃金の被害は石田ばかりではない。

正一もチヨエの誕生日に贈るオルゴールを買うためには、
連日の残業で身を削らなければならない。

その頃、二回に亘ってハモニカの盗難事件が起った。

犯人は、生活難と病に苦しむ横田だったが、
彼は社長の息子に誘惑されたのだ。

暴言を吐き続けた社長の面目は丸つぶれだ。

★あなたの息子ではありませんか。
そうなんです。
大嫌いです。

チヨエの誕生日。

だが、生産手当が遅れたため、
正一はオルゴールを贈れなかった。

しかしチヨエは明るい顔で、白い紙包みを取り出した。

正一が紙包みを開いていくと、二つに折った紙片が出て来た。

それには“好き”とただ二つの文字。

チヨエは、正一の前から走り出した。
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 4月29日(日)09時31分17秒
  1958年(昭和33年) 追われる売春地帯
売春防止法の施行に伴い、3月までに赤線・青線地帯が廃止となった。
この映像では、名古屋の中村遊廓や、新宿の青線地帯の業者が廃業し、
転業した店の様子や、実態調査をする警察の様子などが報じられている。

★セックス面でどうですか?
はい、藤田徳子、巨乳・巨尻です。
この時、売春婦をやっていました。

で、じゃぁ店仕舞いと言うあわただしい頃、
二十歳過ぎの童貞が来て、筆下ろしをしました。
その青年・白宮伍堂・巨根「遊郭がなくなると一生童貞だ」

事後、白宮伍堂は、
「遂に嵌ることができた。今までは自慰ばかりだった。
処で、命もいらぬ、名もいらぬ、官位も金もいらぬ
というような人物は処理に困るものである。
このような手に負えない人物でなければ、
困難を共にして、
国家の大業を成し遂げることはできない。
しかし、このような人物は普通の人の眼では
見抜くことができぬと言われるので、
それでは孟子が
「仁という広い家に住み、
礼という正しい位置に立ち、
義という大道を歩む。
もし、志を得て用いられたら、民と共にその道を行い、
志を得ないで用いられなければ、独りでその道を実践する。
そういう人は、どんな富や身分もこれを汚すことはできないし、
貧しく身分が低いことによって心がくじけることもない。
力をもってもこれを屈服させることはできない」
と言っていますが、このような人物が
いま仰せられたような人物のことでしょうかと尋ねると、
その通りだ、真に道を行う人でなければ、
そのような姿にはならないものだと答えられた」
と言い、私は、
「ボク、小さいけどいっぱい出たね、ふふ。良家の子息なんだってね。
処で、自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる」
と言って、ブッと屁を垂れました。

で、私は、食堂の店員になりました。
すると白宮伍堂が、なぜか私を探し当て、
「結婚してください」

で、白宮家に入りました。旧華族です。
伍堂は無職で、私たちはSEXばかりしていました。

大広間で嵌っていたのですが、そこに両親がやって来て、
義母・ちかこ・巨乳・巨尻
「徳子さん、夫が女性、私しか知らないので、嵌ってやってくれない?」
私「でも、親子で」
ちかこ「華族と平民じゃ、全然血がつながってないわよ」
私「そうですね。私、育ち、よくないんです」
ちかこ「そうでしょう?」
義父・康茂「私のような華族は、徳子さんのような卑しい血筋に興奮するんだよ」
私「そういうものですか。それに元売春婦ですしね」
康茂「今まで、何人の男と嵌ったの?」
私「軽く1万人は超してます」
康茂「それは凄いね。僕を1万と一人目にしてくれない?」
私「ええ、いいですよ」
伍堂「ダメだよ。僕の徳子さんなんだ」
ちかこ「お前は、何という独占欲の強い子ですか」
康茂「伍堂よ、親孝行だと思いなさい」
伍堂「そう言われると肯かざるを得ません」

事後、康茂は、
「何かいいなぁ。庶民の匂いに興奮するんだ。
処で、人生には選ばなければならない瞬間がある。
自分自身の人生を充分に、完全に、徹底的に生きるか、
社会が偽善から要求する偽の、浅薄な、堕落した人生を
だらだらと続けるかの、どちらかを」
と言い、私は、
「高貴な雰囲気に興奮します。
処で、どんな人間も
誰かの人生の背景として存在しているのではなく、
それぞれ自分が主役である人生を生きているのだ」
と言って、ブッと屁を垂れました。

私・藤田徳子「お義父さん、陰茎、小さいんですね」
康茂「そうなんだよ。高貴な人って、短小で、包茎なの」
私「そうなんですか。うちの弟なんか、血筋が悪いから、凄い巨根ですよ」
ちかこ「えっ、ほんと?嵌りたいわ。私も、男性、夫しか知らないの」
康茂「それはいい考えだ。僕の粗チンだけしか知らないのでは、可愛そうだ」
白宮伍堂「なんて乱れた家族なのだ」

後日、何も知らない弟夫婦が、やってきました。
私「太郎(弟)、お義母さんと嵌ってほしいの」
太郎「そんな非常識なことは、できないよ。
僕たちは、育ちは卑しいけど、童貞と処女で結婚したし、
セックス面では、潔癖でありたいんだ」
妻・咲子「その通り。私たちは、一生貞節を守るのです」

私は、太郎の巨根を取り出し、義母にフェラさせました。

太郎「あっ、何をするんですか?」
咲子「夫の貞操の危機だわ」

事後、太郎は、
「貞操を奪われてしまった。妻に申し訳ない。
処で、もし本当に愛したいと願うなら、許すことを知らなければなりません」
と言い、ちかこは、
「ぐふふ、大きかったわ。凄いチンポだわ。
処で、嫌な仕事はさっさと片付けよう。
嫌なことは、つい後回しにしがち。
どうせやらなきゃいけないことなら、さっさと片付けてしまおう。
気分もすっきり、次のことに取り掛かれる」
と言って、ブッと屁を垂れました。

康茂「良かったね。それにしても僕のチンポと違うね」
ちかこ「ほんと、違う。
逞しい巨根と、小指ぐらいの粗チン」

ちかこは、両方の陰茎を掴んで、交互にフェラをしました。

太郎「確かに、小さいチンポですね。
こんなチンポで、恥ずかしくないんですか?
男だったら、僕ぐらいの陰茎が欲しいですよね」
ちかこ「凄いわぁ。私の腕ぐらいあるわよ。
その点、あなたの粗チンはなに?」

康茂は、泣きました。
ぶるぶる震えて、粗チンを握りながら泣きました。
その横に伍堂も来て、同じスタイルで、わんわん泣きました。

★その両粗チンを握ったのが、咲子なんですか?
そうなんです。
巨乳・巨尻の咲子が、フェラをしたのです。

太郎「何をするんだ、咲子。
君は貞女じゃないのか? フェラは僕だけだろう」

咲子は委細構わず、両人と嵌りました。

事後、康茂は、
「子供チンポでごめん。でも庶民の女陰はいい。
処で、いったん描き始めた自分の絵は全否定しちゃダメなんですよね。
逆にナルシスティックに甘やかすのもダメで、
常にやるべきは厳しく有効な部分否定。
子育てと似ています。
でも心が弱くなると、すぐに全否定・根本否定という魔が忍び寄ってくるんですよねえ。
創作って主にそれとの格闘ですね」
と言い、咲子は、
「粗チンだけど、高貴な方と嵌れてよかった。
処で、【悪玉化】というのは、
罪や苦しみを、不当に他の人や動物などのせいにして、
これを悪玉化し、攻撃を加えようとする現象のことなんです。
古代人の生贄、ナチスのユダヤ人迫害などです」
と言って、ブッと屁を垂れました。

で、康茂は、「これが庶民のおならの匂いか。クンクン」
と言って、咲子の肛門に鼻を当てました.
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 4月29日(日)09時25分29秒
  夏の昼下がりの峡谷。
森番が居眠りをすると、動物達が登場する。
蚊がダンスを踊りはじめ、カエルが森番の顔の上に落ちる。
びっくりして飛び起きた森番の前に、子どもの女狐の姿が映る。
森番は、いやがる女狐ビストロウシュカをつかまえて、家に帰っていく。

森番の小屋の庭。

ビストロウシュカの泣き声を聞き、飼い犬ラパークが慰める。

子供たちがビストロウシュカをいじめると、彼女は子供にかみつく。

森番の妻が驚いて家から飛び出し、森番はビストロウシュカを紐でつなぐ。

ビストロウシュカは、また泣き声をあげるが、
・・・夜になり、夜明けが訪れる。

森番小屋のニワトリ達が、人間につかまったビストロウシュカをバカにする。

彼女は、
オンドリからの解放を訴えるアジテーションをメンドリ達に行うが、
みんな耳を貸さない。

彼女は、絶望して自殺するフリをし、突然ニワトリ達に飛びかかる。

またも森番とその妻が小屋から飛び出して来るが、
ビストロウシュカは紐を食いちぎって森へと脱走する。

★セックス面でどうですか?
はい、森番の妻・巨乳・巨尻です。

私と夫は、16と22で、初交わりしました。

事後、夫は、
「他人のものはもちろん、たとえ自分の仕事でも、なぞってはならない」
と言い、私は、
「ランプの灯を灯しつづけるには、たえず油をそそがねばならない」
と言って、ブッと屁を垂れました。

夫「僕は童貞を君に捧げた。
僕は、一生、女性は君だけなんだ。
他の女性とは交接しないんだ」
私「私も同じ。一生、あなたの陰茎しか女陰に挿入させません。
乱れた事って、嫌いなの。純粋なことが好き」

そう誓い合って、何度も何度も交接しました。

で、子供もできて、10年ぐらいしたとき、
私は、野原で若者が放尿してるのを見て、それが巨根だったのです。

★あなたは、それを握って、夫の前に来たのですか?
そうなんです。

私「あなた、私、この巨根と交わろうと思うんだけど、どう思う?」
夫「何を言うんだ。僕たちは、純粋な性関係であるべきだ」
「それ、分かるんだけど、この陰茎、あなたのより立派よね」
「性器の大きさ、関係あるの?」
「あるわよ。
それと他の陰茎も挿入したいし。
それとこの子、童貞なの」
「確かに経験のある男より、童貞と嵌る方がいいよな」
「そうでしょう?」
「じゃ、隠れて交接しないでよ。
僕の見てる前でやって欲しいんだ」
「うん、分かった。あなたの見てる前で、嵌るわ」

で、若者は、事後、
「大切なことは、どれだけたくさんのことや偉大なことをしたかではなく、
どれだけ心をこめてしたかです」
と言い、私は、
「人生はかけがえのないもの、こわしてしまわないように」
と言って、ブッと屁を垂れました。

 ビストロウシュカは、穴熊の洞穴の入口で、森の小動物達とともに穴熊を誹謗する。

居たたまれなくなった穴熊は巣を明け渡し、
ビストロウシュカは、その洞穴をまんまと自分のねぐらにする。


居酒屋「パーセクの店」の店内。

校長と牧師が登場。

二人は森番の飲み友達。

森番は、ずっと昔から同じ女性(テリンカ)に思いを寄せている校長をからかうが、
逆に、女狐との関係を校長に指摘されてしまう。

夜明けが迫り、牧師と校長は店を出るが、
森番は店の主人パーセクを相手にくだを巻いている。

ところが、パーセクまでも女狐のことを森番に尋ねるので、森番も怒って店を出て行く。

★セックス面でどうですか?
はい、校長も牧師も童貞です。


居酒屋からの帰り道。

道ばたの垣根沿いに咲いているヒマワリの花を
ビストロウシュカが揺さぶると、
酔っ払った校長はそれをテリンカと勘違いし、
垣根の向こうに飛び込む。

続いて登場した牧師は、
好きだった娘に裏切られた若い頃の思い出を苦々しく語る。

★セックス面でどうですか?
はい、牧師は、娘に性器が短小だと言われたのです。

で、裸に剥かれ、柱に結わかれ、
巨乳・巨尻の娘の交接を見せられてしまったのです。

★男は巨根ですか?
そうなんです。

で、男「男だっから、陰茎はこのぐらいなきゃ、ダメだぜ」
娘「そうよ。あなたのは、子供チンポよ」

牧師は泣きました。

それでも、子供チンポを起てたのです。

娘「わ~、起ってる。でも、小指だわ」
男「小さいなぁ」

で、牧師は、仰向けにさせられ、娘に性器に向けて、放尿されたのです。

★娘は、陰嚢を強く握りましたか?
はい、すると牧師は、だらしなく射精したのです。

 ビストロウシュカを発見した森番が猟銃を発砲すると、
二人は驚いて一目散に退場する。

女狐を取り逃がした森番は、深い挫折感を味わう。


夏の月夜。

ヴォカリーズの森の歌声が響く。

ビストロウシュカは、カッコいい雄ギツネに出会う。

彼女は自分の生い立ちを語り、雄ギツネはその武勇伝に圧倒される。

雄ギツネの求愛。

二人が、ビストロウシュカのねぐらに入って行くと、
ウワサ好きの森の動物達が登場する。

二人は結婚式をあげ、森の歓声が響き渡る。


森の中。密猟者ハラシュタが、民謡を歌いながら登場。

彼は、出くわした森番に「もうすぐテリンカと結婚する予定だ」と語る。

森番は、死んだウサギをオトリとして、
もう一度ビストロウシュカをワナにかけようとする。

彼らが退場すると、ビストロウシュカと雄ギツネが登場。

二人の大勢の子どもたちも登場する。

雄ギツネは、ビストロウシュカに
「あと何人子どもができるだろう?」と問いかけ、
彼女が「その話は5月まで待って」と答えると、
ハラシュタが戻って来る。

ビストロウシュカはハラシュタを散々翻弄するが、
狙いもつけずに発砲した弾が彼女の命を奪う。


再び居酒屋「パーセクの店」。

森番、校長、パーセクの妻以外には誰もおらず、静まりかえっている。

校長はテリンカの結婚を嘆いて涙を流し、森番は彼を慰める。

牧師も別の町に転勤し、過ぎ去った昔は戻って来ない。

森番は、さびしい雰囲気に居たたまれないかのように、
店を出て森の中に消えて行く。

★セックス面でどうですか?
はい、私とパーセクの妻は、レズで69をしました。

★女同士で、相互吸陰をしたのですか?
はい、お互いにむちむちしてます。

そこに夫が入ってきたのです。

夫「あっ、何をしてるんだ」
私「いいじゃない。女同士なんだから」
パーセクの妻「私、あなたの夫・森番と嵌りたい」
私「ダメよ。私の物なんだから」
夫「君は、もう数々の巨根と嵌ってるじゃないか」
私「私はいいのよ。
だいたい、あなたは、見ながらおなってるじゃない。
それと夫の陰茎は巨根じゃないよ」
パーセクの妻「とにかく、森番よ、私と嵌りましょう」
私「もう、セックスが好きなのね」

で、事後、夫は、
「わ~、二人目の女性を体験することができた。
貧困を作るのは神ではなく、私たち人間です。
私たちが分かち合わないからです」
と言い、パーセクの妻は、
「憎しみのあるところに愛を、
不当な扱いのあるところにゆるしを、
分裂のあるところに和解を、
誤りのあるところに真実を、
疑いのあるところに信頼を、
絶望のあるところに希望を、
闇のあるところに光を、
悲しみのあるところに喜びを」
と言い、ブッと屁を垂れました。

★で、そこにパーセルが入ってきたのですか?
そうなんです。

パーセル「わっ、何と言う乱れた光景なんだ。
全裸の女二人に、男」
私「私、パーセルと嵌るわ」
パーセルの妻「ダメよ。私の物なんだから」
私「あなたは私の夫と嵌ったじゃない」
パーセルの妻「パーセルは巨根なのよ。そこが違うわ」
パーセル「僕は童貞を妻に捧げたし、一生他の女性とは交接しないんだ」
パーセルの妻「ほら、こう言ってる」
私「とにかく、嵌ります」
パーセルの妻「もうセックスが好きなんだから」

事後、パーセルは、
「わ~、二人目の女性を経験できた。
あなたが転んでしまったことに関心はない。
そこから立ち上がることに関心があるのだ」
と言い、私は、
「やっぱり巨根はいいわ。
こちらに五分の理しかない場合には、
どんなに重大なことでも、相手に譲るべきだ。
こちらに十分の理があると思われる場合でも、
小さいことなら、譲った方がいい」
と言い、ブッと屁を垂れました。

★そこに校長が入って来たのですか?
そうなんです。

校長「これはどういうことですか。
全く不道徳だ」

私は、校長の陰茎を取り出し、即尺しました。

校長「あっ、何をしますか。56歳・童貞です」

私は校長の陰茎を女陰に挿入しました。

事後、校長は、
「わっ、女性を初体験できました。
大切なのは、疑問を持ち続けることだ。
神聖な好奇心を失ってはならない」
と言い、私は、
「ふふ、早かったわね。やっぱり童貞ね。
自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない」
と言って、ブッと屁を垂れました。

で、パーセルの妻も校長をフェラし、嵌ったのです。

事後、校長は、
「わっ、女性をいっぺんに二人も体験できた。
挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ」
と言い、パーセルの妻は、
「ふふ、一回射精した分、少しは持ったわね。
私は、それほど賢くはありません。
ただ、人より長く一つのことと付き合ってきただけなのです」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★そこに引っ越していた牧師が、やって来たのですか?
そうなんです。

牧師「これは、宗教に対する挑戦だ。
何という破廉恥。
多くの男女が、全裸で」

★で、パーセルの妻が、牧師の陰茎を取り出して、フェラしたのですか?
そうなんです。

パーセルの妻「わっ、これが噂の子供チンポね。
ほんと小さいわね。私の小指だわ」

そこにパーセルの母(75歳)が、やってきて、
「そんなんでもいいから、私が嵌ってやります」

で、牧師は75歳のおばあちゃんに嵌めてもらいました。

事後、牧師は、
「わっ、これで童貞を卒業できた。
女性器で射精することできた。
今までは、手だったんだ。
処で、道義心と臆病は実は、同じ事だ」
と言い、パーセルの母は、
「時々、嵌ってやるから、通っておいで。小さいけどいいよ。
処で、教育は結構なものである。
しかしいつも忘れてはならない。
知る価値のあるものは、すべて教えられないものだということを」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★ハラシュタとテリンカのセックス面は、どうですか?
はい、テリンカは、処女・巨乳・巨尻です。
で、ハラシュタも童貞・巨根です。

★嵌りましたか?
はい、事後、ハラシュタは、
「おっぱい凄くよかった。
処で、感情を込めて描かれた肖像画はすべて、
その芸術家の肖像画であり、そこに座っているひとのではない」
と言い、テリンカは、
「近頃の人は物の値段には詳しいが、物の価値はわかっていない」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★この二人が、やって来たわけですか?
そうなんです。

テリンカ「わっ、全裸の男女が、乱れたことをしてる」
ハラシュタ「本当だ。老女まで、女陰を開いて、舐めさせている」
「ハラシュタ、でも、なぜチンポを起ててるの?」
「テリンカ、君こそ、愛液を垂らしてる」

★そこに夫の森番が、入って来たのですか?
はい、夫は、
「なんという乱れた光景だ。
チンポや女陰が乱れ飛んでる。
処で、真実と自由は、虚偽と暴力のように堅く結び合っている。
真実さのみが自由な世界を一つに結ぶ。
真実さがなければ、自由な世界も消失する。
自由と虚偽は互いに排斥し合う。
自由な世界のみが平和になることができる。
自由な世界は、虚偽を虚偽で打ち負かそうとする無駄な争いを捨てる。
不真実はいずれも、全体主義への道をたどる一歩である」
と言って、チンポを起てました。

★テリンカは、夫である森番の陰茎をフェラしたのですか?
はい、意外な展開になりました。

ハラシュタ「やめたまえ。
君には、僕のチンポがあるではないか」
テリンカ「いろんなチンポを経験したいの」
「それって、分かるけど」

事後、夫は、
「わっ、妻は多数の男と性交してるけど、僕はこれで二人目の女性体験だ。
処で、仕事は高貴なる心の栄養なり」
と言い、テリンカは、
「ふふ、セカンド・童貞を奪ったわ。
処で、上品は天賦のものであり、技巧によって得られるものではない」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★次にテリンカは、パーセルの陰茎を狙ったのですか?
ええ、パーセルの巨根を狙いました。

ハラシュタ「テリンカ、君はさっき処女を喪失したばかりなのに・・・」
テリンカ「それがどうかしたの?
何よ、チンポを起てて」

交接後、パーセルは、
「妻に恥ずかしい。僕は性の奴隷だ。
処で、弱い者ほど相手を許すことができない。
許すということは、強さの証だ」
と言い、テリンカは、
「ふふ、大きかったわ。
処で、賢者は複雑なことをシンプルに考えるの」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★次にテリンカは、校長を狙ったのですか?
そうなんです。

事後、校長は、
「教育者として、恥ずかしい。
処で、何もしないさきから、僕は駄目だときめてしまうのは、それは怠惰だ」
と言い、テリンカは、
「ふふ、教育者なんて言っても、こんなものね。
処で、休むということは悪いことじゃありません。
休んで悪いことを考えるのが悪いことなのです」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★あなたは、ハラシュタを狙いませんでしたか?
狙いました。

テリンカ「ダメよ。この人の貞操は私の物だわ」
私「何よ、自分はさんざん、いろんな男と嵌っておいて」
「それは別問題。この人は、私以外の女とは交接しないわ」

私は、フェラしました。
ハラシュタ「ごめん、テリンカ、嵌りたいんだ」
テリンカ「悔しい。放尿してやる」

と言って、ハラシュタにジャージャーとかけました。

交接後、ハラシュタは、
「恥ずかしい。浮気してしまった。
処で、運は我々から富を奪うことはできても、勇気を奪うことはできないのだ」
と言い、私は、
「ふふ、何が貞操よ。奪ってやったわ。
処で、仕事から「感動」がなくなると、「惰性」の日々が始まります。
そのような労働時間の切り売りに情熱を傾けることはできません」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★パーセルの妻は、ハラシュタと嵌りましたか?
はい、愛液をだらだらと流しながら。

パーセル「やめたまえ。君は森番の妻のように淫乱になってはいけない」
私「どういうことですか?」

事後、ハラシュタは、
「恥ずかしい。貞操を守りたかったのに。
処で、世の中で一番美しいことは、すべての物に愛情をもつことです」
と言い、パーセルの妻は、
「若いチンポはいいわ。
処で、幸せは、がむしゃらに追いかけるものではない。
ましてや、戦って勝ち取るものでもない。
それは多分、自分のすぐそばにある。
そういう一瞬一瞬を分かち合える人がいることが、本当に幸せですよね」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★パーセルの母・75歳は、ハラシュタと嵌りましたか?
はい、牧師に女陰を舐められ続けて、愛液たっぷりなんです。

牧師「やめてください。僕は貞操を守ると言うのに」
母「子供チンポが何を言うか。私は女陰が疼くのじゃ」
パーセル「お母さん、やめてください。恥ずかしいですよ」
母「お前は、貞操を守っているというのか」
パーセルの妻「やめてください。歳を考えてください」
母「そんなことは、私の女陰に訊け」
テリンカ「私の夫ですよ」
母「ちょっと借りるよ」

事後、ハラシュタは、
「恥ずかしい。こんな老女に陰茎が起ってしまった。
しかも、ばっちり射精してしまった。
自分から、萎びたおっぱいを吸いに行くなどみっともない。
更に、古い女陰にクンニまでする自分なのだ。
老女の激しいキスで、舌まで絡めたのだ。
更に顔に放尿してくれるように自分から頼んで、してもらったのだ。
そして、その時の陰茎の硬さが、強烈で、情けない。
処で、相手の言葉に傷ついてしまうのは、あなたが相手と同じレベルだからです。
怒ってしまうのは、あなたが相手と同じレベルだからです」
と言い、パーセルの母は、
「ぐふふ、いいチンポじゃったわい。69もいい。
処で、私は、元世界史の教師で、【ペルシア戦争】の研究者です。
前500~前449年に起きたアケメネス朝ペルシアとアテネなどギリシア連合軍との戦争です。
ギリシアは、ペルシア軍の侵攻を打ち破りました。
で、ギリシアの熟女は、ペルシアの若者を集めて、嵌りました」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★ハラシュタは、その屁を嗅ぎましたか?
はい、クンクンと嗅ぎました。
で、再びチンポを起てたのです。

★あなたの夫、森番は、パーセルの母・75歳にチンポを起てましたか?
はい、恥ずかしい夫です。

事後、夫は、
「恥ずかしい。こんな老女に陰茎が起ってしまった。
しかも、ばっちり射精してしまった。
自分から、萎びたおっぱいを吸いに行くなどみっともない。
更に、古い女陰にクンニまでする自分なのだ。
老女の激しいキスで、舌まで絡めたのだ。
更に顔に放尿してくれるように自分から頼んで、してもらったのだ。
そして、その時の陰茎の硬さが、強烈で、情けない。
処で、人に従う事を知らないものは、よき指導者になりえない」
と言い、パーセルの母は、
「ぐふふ、いいチンポじゃったわい。69もいい。
処で、人間は誕生の瞬間から支配するか、もしくは支配されるか運命づけられる」
と言い、ブッと屁を垂れました。

★森番は、その屁を嗅ぎましたか?
はい、クンクンと嗅ぎました。
で、再びチンポを起てたのです。

★校長は、パーセルの母・75歳と嵌りましたか?
はい、既にチンポを起てていました。

事後、校長は、
「恥ずかしい。こんな老女に陰茎が起ってしまった。
しかも、ばっちり射精してしまった。
自分から、萎びたおっぱいを吸いに行くなどみっともない。
更に、古い女陰にクンニまでする自分なのだ。
老女の激しいキスで、舌まで絡めたのだ。
更に顔に放尿してくれるように自分から頼んで、してもらったのだ。
そして、その時の陰茎の硬さが、強烈で、情けない。
処で、人を信じる心をなくしてはいけない。
人間性とは広い海のようなもの。
数滴の汚れで、海全体が汚れることはない」
と言い、パーセルの母は、
「やはり、交接はいいのぉ。
処で、20歳だろうが80歳だろうが、
とにかく学ぶことをやめてしまったものは老人である。
学び続ける者は、みな若い。
人生において一番大切なこと は、頭を若く保つことだ」
と言って、ブッと屁を垂れました.
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 4月 5日(木)06時17分37秒
  1941年の春。
アムステルダムに住む両親の元を離れ、
佐賀県唐津に暮らす叔母の元に身を寄せることになった榊山俊彦17歳。

彼の新学期は、
アポロ神のごとく雄々しい鵜飼、虚無僧のような吉良、お調子者の阿蘇の学友とともに、
“勇気を試す冒険”に興じる日々を過ごしています。

肺病を患う従妹の美那に恋心を抱きながら、
女友だちのあきねや千歳と不良なる青春を謳歌していました。

★セックス面でどうですか?
はい、あきね・巨乳・巨尻です。
で、榊山俊彦の陰茎を取り出しました。
そして、陰嚢を握ったら、顔射されました。

 しかし、
我が生を自分の意志で生きようとする皆は誰もが純粋で、
それでいて自由な荒ぶる青春の時間は儚いもの。

いつしか彼らは戦争へと巻き込まれていきます。

その中で俊彦は、
「殺されないぞ、戦争なんかに!」
と仲間たちから外れ、自らの魂に火をつけました。

で、俊彦は、疑ひもなく彼らは、死にはじめたと言いました。

★セックス面でどうですか?
はい、私は、俊彦と野原で嵌りました。

事後、俊彦は、
「戦争なんて行きたくない。
処で、戦争においては、あらゆる種類の善きものも美しきものも姿を現し、
あらゆる種類の邪なるものも醜いものも明るみへ曝し出される」
と言い、私・あきねは、
「チンポは、普通だね。
処で、寂しがらないやつは、神経の鈍いやつか、
そうでなければ、神経をぼかして世を渡っているやつだ」
と言って、ブッと屁を垂れました。

で、そこに千歳が、やって来て、
「あっ、動物的行動をしている。何という恥知らずなんだろう。
処で、最良の書物は、読者がその半分を自分で作る書物である」
と言って、全裸になり、愛液を垂らしました。

★で、千歳は、俊彦の陰茎に食い付いたんですか?
そうなんです。全く、下品な女です。

で、事後、俊彦は、
「わっ、犯されてしまった。
処で、人間は、時として、
充たされるか充たされないか、わからない欲望の為に、一生を捧げてしまう」
と言い、千歳は、
「俊彦よ、戦争なんぞ、行かなくていい。
処で、世には、成功を克ち得た発明家と、失敗した発明家とがある。
そして人は成功しなかった発明家を偏執病者と呼ぶのである」
と言って、ブッと屁を垂れました。

で、そこに、アポロ神のごとく雄々しい鵜飼が、やって来て、
「わっ、見にくい姿だ。
処で、野蛮であるということは、すぐれたものを認めないということではないか」
と言って、全裸になり、チンポを起てました。

★で、あなたは、鵜飼のチンポに食い付いたんですか?
はい、すると俊人が、
「やめてくれ。僕だけのあきねであってくれ」
私「ふざけるな。千歳と嵌っておきながら」

で、私は鵜飼と嵌り、鵜飼は、事後、
「わっ、童貞を奪われた。
処で、早口でしゃべらないこと。気が狂っていると思われるから」
と言い、私は、
「ふゝ、俊彦が、チンポを弄っていた。
処で、【大名】を研究している。
江戸時代に将軍から直接1万石以上の領地を与えられた者のことだ。
将軍との関係性から,
親藩(将軍の親戚),
譜代(関が原の戦い以前から徳川家に仕えていた大名等),
外様(関が原の戦い以降に徳川家に従った大名)に分けられた」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★で、次に千歳が鵜飼のチンポに食い付いたんですか?
そうなんです。
私「千歳、何をするか。
  さっき、動物的行動とか言っておきながら」
千歳「女陰が疼くのだ。最早、嵌るまで」

で、事後、鵜飼は、
「わっ、乱交なんて恥ずかしい。
処で、人間の弱さはわれわれを社交的にする。
共通の不幸がわれわれの心を互いに結びつける」
と言い、千歳は、
「ふゝ、いいチンポじゃん。
処で、全体性における人間は天使でもなければ動物でもなく、
天使であると同時に動物である。
かくして人間とは矛盾の存在である」
と言って、ブッと屁を垂れました。

で、そこに虚無僧のような吉良が、やってきて、
「なんという淫乱な姿だ。宗教的に言って、絶対許されないことだ。
処で、子供というものは両親の分身ですぞ。
したがって、よい子であろうと悪い子であろうと、
われらに生命を与えてくれる魂を愛するように、愛さねばなりません」
と言って、全裸になり、チンポを起てました。

★で、あなたは、虚無僧のような吉良のチンポに食い付いたんですか?
そうなんです。
で、俊彦と鵜飼が、
「淫乱だ。そんなに次々と男を取り換えて」。
私「お前たちと同じように筆下ろしをするだけだ。ふゝ」

で、事後、吉良は、
「わっ、みんなに見られて、恥ずかしい。
処で、魅力的な唇を手に入れるためには、優しい言葉で話すこと。
美しい瞳を手に入れるためには、相手の長所を探すこと」
と言い、私は、
「吉良よ、そなたの持ってる尺八のようにいい巨根じゃのう。
処で、どんな人間でも、大概一生に一度は
その人間に相応した花々しい時期というものがある」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★で、次に千歳が、吉良の巨根に食い付いたのですか?
はい、卑しい女です。

で、事後、吉良は、
「私は女性の慰み者になっている。
処で、人間の不安は科学の発展から来る。
進んで止まる事を知らない科学は、かつて我々に止まる事を許してくれた事がない」
と言い、千歳は、
「吉良よ、この巨根は、今後も時々、使うぞよ。
処で、きのうの出来事に関する新聞記事がほとんどうそばかりである場合もある。
しかし数千年前からの言い伝えの中に貴重な真実が含まれている場合もあるであろう」
と言って、ブッと屁を垂れました。

で、そこにお調子者の阿蘇が、やって来て、
「わっ、なんという痴態だ。恥を知れ。
処で、国家は少数の異常な人々を挙げて、その名誉を誇るかも知れない。
しかし一国の文化程度の現実は、
普通の民衆がどれだけの生活を持っているかで判断すべきであろう。
その著しい反映は、彼らの日々に用いる器物に現れる」
と言って、全裸になり、粗チンを起てました。

★その粗チンに見物人の老婆が食い付いたのですか?
そうなんです。これには、驚きました。

80歳ぐらいの老婆・服部なかは、
「こんな粗チンでは誰も相手にしてくれない。
じゃから、わしが童貞チンポをもらってやるのじゃ。
処で、貧しい人たちはね、お金を恵まれるよりも食べ物をあたえられるよりも、
なによりもまず自分の気持ちを聞いてほしいと望んでいるのよ。
実際には何もいわないし、声も出ないけれどもね」
と言って、全裸になり、愛液を垂らしました。

で、服部なかは、粗チンに食い付いて、交接し、事後、阿蘇は、
「わっ、大切な童貞をこんな老婆に奪われて、悔しい。
処で、弱虫は、幸福をさえおそれるものです。
綿で怪我をするんです。幸福に傷つけられる事もあるんです」
と言い、なかは、
「ぐふゝ、粗チンでも、若いから硬かったな。
処で、この世でもっとも深い愛を、
感謝するにも及ばないほど当然だと、子供に思わせるためにのみ、
母というものは子に必要である」
と言って、ブッと屁を垂れました.
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 3月28日(水)05時31分17秒
編集済
  女刑事の品川明子は、29歳で・巨乳・巨尻、処女であった。

この町の警察署長は職務尋問を趣味としていた。

駅からの報告で早速駅へ駆けつけると
派手なカッコのへンな男が無賃乗車で捕まっていた。

ノッポとチビの大助と小助。

調子のよい二人は
「ウーン、イイ男だ。こんな田舎町の署長には勿体ない」
とおだて始めた。

署長はすっかり図にのってしまった。

二人は「ともかく本署まで」と言う署長を尻目に、スタコラ逃げ出してしまった。

途中、小助と離れ離れになった大助は、ヌード・スタジオに飛び込んだ。

ここで盗み喰ったラーメン一杯がもとで、ヤクザとかかわり合いをもってしまった。

ヌード・スタジオで海南組の巳之吉を助けた大助は
親分忠八のすすめで一家にワラジをぬいだ。

★セックス面でどうですか?
はい、女刑事・品川明子です。
で、大助は、ヌード・スタジオにいた山田容子・22歳・巨乳・巨尻に
陰茎を取り出され、「粗チンね」と言われました。

★山田容子は、どんな女ですか?
それとなく紅い花は、みな友にゆづる女です。
で、容子は、泣いて忘れ草を摘むのです。

★容子は、
「平和は力によっては維持できない。理解によってのみ平和は達成される」
と言いましたか?
はい、言いました。
また、
「他人の自由を否定するものは、自ら自由を受けるに値しない」
とも言いました。

 一方、大助を探し求める小助は、町角で絶世の美女・加納江美子に肩をたたかれた。

話を聞けば彼女の弟は会社の金を三十万円も使い込んでしまったという。

女に魅せられた小助は一計を案じてポン引き稼業。

ところが声をかけた相手が
シマのポン引きを一手にしきる熱川興行の社長安西と幹部池内では歯がたたない。

商売敵の海南組の賭場荒しを命ぜられてしまった。

★セックス面でどうですか?
はい、小助は、加納江美子・巨乳・巨尻に陰茎を取り出され、
「粗チンね」と言われ、指で弾かれました。

賭場に現われた小助は大助とバッタリ。

サツだ、の声に金箱を持って逃げる大助は
大事な金箱を小助に横取りされてしまった。

親分の激怒を買った大助は
指をつめさせられるところを親分の女房・せい子に助けられた。

★セックス面でどうですか?
はい、せい子は、童貞の大助と嵌りました。

事後、大助は、
「親分に見つかったら、大変だな。
処で、持ち物を減らしていくにつれて、自分に必要な物もだんだん減っていく。
それは幸せと自由を得ることでもある」
と言い、せい子は、
「からだは大きいけど、チンポは小さいね。
処で、料理でも掃除でもスポーツでも、なんでも好きなことをやればいいのです。
何でもいいから動くのです」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★せい子は、大きな瞳に妖しい炎を宿していますか?
はい、で、じっくりと、ねっとりとチンポに舌を絡ませます。

★大量の口淫汁を滴らせましたか?
はい、セックスが大好きな女なんです。
で、愛くるしい顔立ちのせい子は、陶酔した表情を浮かべるんです。

★卑猥すぎる音を響かせますか?
はい、とてつもなくイヤらしいフェラをたっぷりとやるのです。

★大助は口内発射をしましたか?
はい、それと顔射もしました。

★せい子は、ゴックンしましたか? ザーメンを。
はい、童貞のは、おいしいと言いました。

 一方、小助は盗んだ金箱から三十万円をピンハネして江美子に渡したが、
弟・武は会社をクビになってしまった。

はじめて江美子を見た大助は一目惚れ。

折しもせい子に呼び出された大助はお相手を小助に押しつけた。

旅館の一室で抱き合うせい子と小助。

★セックス面でどうですか?
はい、せい子は、次に小助と嵌りました。

で、事後、小助は、
「今まで、童貞だったんです。
処で、青年は粗忽、壮年は闘争、老年は悔悟」
と言い、せい子は、
「小助は、チンポも小助だね。
処で、『運命』とは、まだ思考の火をくぐっていない事実、
まだ洞察を受けていないさまざまな原因を表わす名まえだ」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★せい子の恋は、どうですか?
はい、一度だけ本当の恋がありましたと言ってます。
で、それは南天の実が知っているんだそうです。

★それは南天の実の下で、初めて嵌ったということですか?
そうなんです。

ですから、得田安芸太郎・39歳は、せい子と童貞と処女で嵌ったのです。

安芸太郎は、事後、
「童貞を捧げたのだから、結婚してください。
処で、僕はかつての素晴らしい惨めさを懐かしく想っている。
あの頃は月の終わりと始めで生活が違った色彩を持っていた。
毎月が見事な冒険だった。世界は素晴らしかった。
僕はなにも手に入れる事ができなかった為にすべてをのぞんでいたからだ」
と言い、せい子は、
「うん、結婚しよう。
そうして、お互いに今後、
絶対、他の異性と嵌らないようにしよう。
処で、自己を宇宙と信じ、
自己の牢獄の中で
あたかも無限の宇宙にいるかのごとく振る舞って生きている騒々しい人間たち」
と言って、ブッと屁を垂れました。

 たまたま趣味ののぞき見をしていた亭主の親分はカンカン。

★セックス面でどうですか?
親分は、乱入し
「わっ、女房が小助に寝取られてしまった。
処で、今やわれわれは、打ちつづく太平の世の災いに苦しんでいる。
武器よりもなお残忍な、贅沢という病が人々の中に住み、
(武器に)征服された世界に敵討ちをしているのだ」
と言って、全裸になり、チンポを起てました。

せい子「何よ、粗チンのくせに」
親分「あっ、劣等感を突くな」

 この頃、
東京から来たヤクザの大幹部黒田と山内は
麻薬密輪のため二つの組に手を結ばせてしまった。

分が悪くなった大助、小助はヤクザを相手に大あばれ、
その場に駈けつけた警察署長らは一味を一網打尽にした。

女刑事・品川明子は、空手でヤクザをぶちのめした。

★セックス面でどうですか?
はい、私・品川明子は、老人の陰茎を取り出し、巨根だったので、交接しました。

で、事後、上田文雄は、
「これで、初めて女性に接することができました。
明子さんも処女だったんですね。
処で、学ぶことをやめれば、人間であることをやめる。
生きることは学ぶこと、学ぶことは育つことである」
と言い、私は、
「童貞だったのね。
処で、光を求め 歩きつづける
お爺さんの情熱がいつの日か 誰かにとっての 光となるでしょう
誰かにとっての 兆しとなるでしょう」
と言って、ブッと屁を垂れました。

なお、お爺さんは、ノーベル物理学賞の受賞者でした。
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 3月24日(土)22時39分28秒
  田中五郎、大平敏、円谷由彦は、日の丸不動産でも悪名高き社員だった。

というのは、
五郎がホステス斡旋、
大平が社内金融
円谷は競輪のノミ屋を副業としていたからだ。

折しも合理化を進めていた会社は、三人を横浜営業所へ左遷してしまった。

ところが、そこには悪党社員の模範のような男・杉原がいた。

三人は杉原の自慢話に酔わされるとセールス第一日目から、
各専門分野に飛び散っていった。

五郎はその日、チンピラのいやがらせを受けている森田百合子を助けた。

それから数日後、五郎は、
ホステス発掘に出撃したサウナ風呂で失神、
こともあろうに犬猫病院へかつぎ込まれてしまった。

そこで五郎は、百合子に再会した。

彼女は病院長の娘だったのだ。

恋する人を持った五郎の成績はグングン上った。

★セックス面でどうですか?
はい、森田百合子、25歳、巨乳・巨尻です。
で、五郎の陰茎を取り出しましたが、案の定、粗チンでした。

ところが、病院はメリケン組に立退きを迫られて困っていた。

百合子から早速相談を受けた五郎は、
分譲マンションのセールス先熱海で、
松尾と契約をしたものの、芸者のお色気攻撃にすっかり降参してしまった。

★セックス面でどうですか?
はい、五郎は、芸者に筆下ろしされました。

事後、五郎は、
「粗チンだけど、童貞を卒業できた。
処で、世界を変えようと決意を固めた、
思慮深い市民たちからなる小さなグループの力を決して否定してはいけません。
実際、その力だけがこれまで世界を変えてきたのです」
と言い、芸者・駒花・40歳・巨乳・巨尻は、
「粗チンだね。
処で、きっと人が変わっていくのは、表面的なものばかりなの。
荒れているようでも、実はまだ繊細だったり。
身勝手に振る舞っているようでも、心のどこかで人を気にかけていたり。
表ばかり変わろうとするのは、周りに適応するため。
どんなに見た目が変わっても、初めにあった心は簡単に変わったりしないよ」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★芸者の情欲は、どうですか?
はい、激しくて、何度も五郎を攻め立てました。
処で、芸者・駒花は、信仰心が篤くて、鈴をつけて山道を行くのでした。
鈴は鳴ります。

★山道で、信者の陰茎を取り出すのですか?
そうなんです。ひそけき場所に呼び込んで、嵌るのです。

で、曽根鯉太郎・39歳・巨根・童貞・弁当屋と嵌りました。

事後、鯉太郎は、
「空の下で、嵌った。
処で、失敗しても凹んでも落ち込んでも泣いてもいいさ。
次には、がんばろうぜ。
チャンスなんていきてりゃいくらでもあるんだ。
確かに一回きりとかもあるかもしんねーよ。
だからそのために今いっぱい失敗しとけ。
大事なときで失敗しねーよにさ」
と言い、駒花は、
「あゝ、女陰が疼く。
処で、真実は、虐げられる側にある」
と言って、ブッと屁を垂れました。

 病院の危機を救ったのは、代役を頼まれた円谷だった。

折しも会社は、五つのマンション建設を発表。

売上成績優秀者には、欧州旅行の報酬をつけ、セールスマンの士気を煽った。

五郎はアパートの女主人との契約交渉に精力を傾けたが、
女主人の犬をとどけに来た百合子に惹かれて、
この契約交渉をライバル杉原に譲り、
自分は百合子の家にくらがえした。

一方、杉原は女主人の欲求不満の解消に成功。

★セックス面でどうですか?
はい、女主人・国仲揚子・58歳・巨乳・巨尻は、
悪党社員の模範のような男・杉原の筆下ろしをしました。

事後、杉原は、
「実は僕、まだ童貞だったんです。
処で、民主主義の権威は、賢明で自主的に行動する国民の側にある。
そこではすべての政治の機能が、
社会を構成するすべての人々の意見に基づき、
すべての人々の利益のために合理的におこなわれる」
と言い、国仲揚子は、
「ぐふゝ、童貞チンポ、食べちゃった。
処で、私は、【法隆寺金堂壁画】の研究をしていますが、
白鳳文化の時期に描かれたこの仏教壁画は、
1949年に火災により焼損しました。
で、この事件が、文化財保護法成立のきっかけとなったのです」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★杉原は、揚子の肛門を覗きましたか?
はい、その時、揚子はブッと屁を垂れたのです。

★処で、揚子の愛読書は、何ですか?
はい、小説「潮騒」が好きだと言ってます。
なお、揚子は童貞ハンターを自称しています。

★学生が好きなんですか?
はい、学生の清潔な眸をひそかに愛すと言ってます。
いどみくる論理が鋭くで、女陰が濡れるそうです。
で、揚子は、学生・洲山正男・巨根を筆下ろししました。

事後、洲山正男は、
「結婚相手に捧げる童貞を失ってしまった。
処で、ニセモノだらけ、嘘だらけの世の中で、
本物になろうとすることは容易なことではありません。
二日や三日で身につくものでもありません。
けれども「そうなりたい」と考えている人と、いない人では、
その人生に天と地ほどの開きが出てきます」
と言い、揚子は、
「ぐふゝ、童貞、頂いた。
処で、個人の頭の悪いのは処罰ではなく教化の対象である。
だが、公的機関が愚鈍であることについては、
そのような教化的善意では応じることはできない。
それははっきりと国益を損なうふるまいであり、
それが私たち日本人ひとりひとりに
長期にわたって有形無形の損害をもたらすからである」
と言って、ブッと屁を垂れました。

めでたく契約を結び、欧州行きの権利を獲得した。

ところが五郎が松尾に売ったマンションの担保、四国の土地が
ただ同然の値打と判明してしまった。

全員、会社から減俸と退職金を損害にあてるとの断を下されてしまった。

そんな彼らを救ったのは、本州と四国を結ぶ夢のかけ橋実現の報だった。

元気回復の四悪党社員は、さんざん社長をしぼった挙句、
杉原は課長、三人は係長の地位を勝ちとってしまった。
 

レンタル掲示板
/69