teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 妄想(5)
  2. ハート出会いNo.1ハート(2)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. 東京・神奈川・千葉 モデル・AV女優募集・高収入仕事情報(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 1月16日(火)09時12分48秒
編集済
  諸国で戦乱が続く中、
京にやってきた上杉家の家臣・永江四郎左衛門は
市中で幻術を操る男・飛び加藤に出会う。

男の技に驚いた四郎左衛門は、
主君・謙信の下で働くように男を誘い連れて帰ったが、
飛び加藤の術があまりに幻怪だったために、
恐ろしさを感じた謙信は男の殺害を決意する。

しかし、それを察した飛び加藤は
上杉家から逃げて
甲斐の武田信玄のもとに走ったが、
信玄によって命を奪われる。

★セックス面で、どうですか?
はい、飛び加藤の筆下ろしをしたこと・29歳です。

交接の後、飛び加藤は、
「毎日毎日の足跡がおのずから人生の答えを出す。
きれいな足跡にはきれいな水がたまる」
と言い、私は、
「苦しい時でも、とにかく笑っていろ。
笑える余裕がないと判断を間違える」
と言い、ブッと屁を垂れました。

★あなたは飛び加藤のしなたりを飲みましたか?
はい、童貞だったので、とても濃かったです。

★永江四郎左衛門とも、交接したのではありませんか?
実は永江四郎左衛門も同席で、一緒に筆下ろししたのです。
交接の後、永江四郎左衛門は、
「忘れてはいけない役割を胸に」
と言い、ブッと屁を垂れました。

★喘ぎ声を発しましたか?
はい、巨根でした。

★上杉謙信とも交接しましたか?
上杉謙信は、粗チンで、童貞でした。
飛び加藤が、巨根を出して、上杉謙信に、
「男はこのぐらい大きくなきゃ、ダメだぞ」
と言い、巨根を振って見せたのです。
上杉謙信は、粗チンを出して、泣きました。

★武田信玄と交接しましたか?
はい、陰茎は普通でした。
事後、武田信玄は、
「人生は楽ではない。そこが面白い」
と言い、ブッと屁を垂れました。

で、私が武田信玄の顔に放尿すると、信玄は、
「裸の美女はいい」
と言い、再勃起したので、またやりました。
 
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 1月15日(月)11時51分5秒
  舞台は13世紀のペルシャ。

メナムの町は蒙古軍によって征服され、
25歳で支配者となった王・ボルトルは
美貌のナンを妃にしようとするが、
肝心のナンは野蛮な蒙古人のボルトルを受け入れない。

ある日、ナンは市場で不思議な男と出会い、従者に後を追わせる。

彼はボルトルの暗殺を依頼された幻術師・アッサムだった。

ボルトルらはアッサムの幻術によって翻弄されるが、
最後は洪水でメナムの町は水没して滅んでしまう。

★セックス面で、どうですか?
はい、ナンです。
私は、ボルトルの粗チンが気に入らなかったのです。

★陰嚢を蹴りましたか?
はい、ボルトルは、泣いていました。
そして、
「否定されても、心まで振り回されない」
と言い、ブッと屁を垂れました。

★あなたは、アッサムと交接したのではありませんか?
はい、アッサムは、35歳で、童貞で巨根でした。

事後、アッサムは、
「悪い時が過ぎれば、よい時は必ず来る。
おしなべて、事を成す人は必ず時の来るのを待つ。
あせらずあわてず、静かに時の来るのを待つ」
と言い、私は、
「いろいろと試すことは、ムダではありません。
ムダなことを考えて、ムダなことをしないと、伸びません」
と言い、ブッと屁を垂れました。

★あなたは、桃尻なのではありませんか?
そうなんです。
おならを嗅がれます。
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 1月15日(月)01時07分1秒
  幻術を使う果心居士は、
悪名高い謀略家の松永弾正に使われて信長の暗殺を企てる。

★セックス面で、どうですか?
はい、淀君です。果心と交接しました。果心は、童貞でした。
事後、果心は、
「一番大切なことは、単に生きることではなく、善く生きることである」
と言い、私は、
「いくつになってもわからないものが人生というものである。
わからない人生を、わかったようなつもりで歩むほど危険なことはない」
と言い、ブッと屁を垂れました。

★馬乗りでやったのですか?
はい、速過ぎて、すぐ射精したので、何回もやりました。

★童貞にそんなことをしたのですか?
はい、陰茎に飢えていたのです。
何しろ、秀吉が粗チンで、ふにゃちんで。

 しかし、そのことを察した信長の家臣・筒井順慶は、信長に知らせた。

信長軍に攻められた弾正は自ら命を絶ったが、果心は順慶に逃がされた。

★セックス面で、どうですか?
はい、筒井順慶を筆下ろししました。
筒井順慶は、事後、
「一つのことを、一生やり続けられると確信する日がくる」
と言いました。

★調子はどうですか?
はい、気持ちよく腰を振りました。

★信長と交接しましたか?
はい、粗チンでした。
私が陰嚢を蹴るとだらしなく射精しました。

★陰茎を踏みましたか?
はい、すると残りの精液が漏れました。

★床の上ですか?
はい、信長は、へらへらしていました。

★お尻を蹴りましたか?
はい、すると信長は、ブッと屁を垂れて、
「どこに行こうとしているのかわからないのに、決して遠くまで行けるものではない」
と言いました。

★臭かったですか?
はい、だから、信長の横っ面を張りました。

 本能寺で信長が死んだあと、順慶は果心を秀吉に引き会わせるが、
その時に見せた幻術によって
果心は秀吉によって殺害されてしまう。

★幻術とは何ですか?
果心の場合は、巨根を起てることです。
で、秀吉に、
「あなたも陰茎を出しなさい。粗チンでしょう」

秀吉は、粗チンを出し、泣きました。

果心「これが男の陰茎だ。
何だ、その粗チンは」
と言って、秀吉の粗チンを蹴りました。

で、私のお尻を捲り、後ろから巨根を入れたのです。
果心「酒だ。酒だ。酒を持って来い」

★で、殺されたのですか?
はい、秀吉の指図で家来に殺されました。

 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 1月11日(木)06時19分30秒
編集済
  山脇久,21歳。大学生。
学生生活に意味を見い出せず、ここ一年くらい学校へは行っていない。

現在、アルバイトをしながら漫画家をめざしている。

青木伊都子,幼い頃、母に死なれ、
父・勇吉がストリッパーとかけ落ちしたために、
叔父夫婦にひきとられた。

そして、中学を卒業した後、上京し、
現在はハンバーガー店に勤めている。

そんな久と伊都子の出会いは、いつも突然で何気なかった。

ある時は友人の結婚式だったり、
伊都子の勤めるハンバーガー店だったり、
また映画館だったり……。

こんな二人が一緒にいたいと思うようになったのも、
ごく自然のなりゆきだった。

久には比較的親しい女友達が二人いる。一人は雪絵。

大学の同級生で、
時々、食事したり、音楽会へ行ったりする、
そんな間がらである。

もう一人は知子。半年前まで久と同棲していたのだが、
今ではある男と結婚している。

しかし今だに久のことが忘れられず、アパートを不意に尋ねたりする。

だが、久の心は伊都子のことでいっぱいであった。

ある日、勇吉がひょっこり尋ねて来て、
叔父夫婦への義理立てから、
田舎の神主の息子との結婚をすすめた。

伊都子からこの話を聞いた久は、彼女との結婚を決意した。

だが、久の愛と、叔父への義理に、伊都子の胸ははり裂けそうだった。

「私……郷里へ帰る。明日、上野駅で待ってます。
おねがい、もう一つだけ想い出をつくって……」

伊都子にはこれだけを言うのが精一杯だった。

翌日、傷心の久を、
アパートの隣の部屋の男と間違えたゲバグループが襲った。

伊都子との待ち合わせの時間は過ぎた。

上野駅のホームで長い時間待っていた伊都子に、ある決意が湧いた。

「わたしは久と一緒になるわ!」。

伊都子は、はやる心をおさえながら久のアパートへ急いだ。

その途中、数台のオートバイが爆音けたたましく伊都子の後から突っ走って来た。

さける間もなく地面にたたきつけられる伊都子。

伊都子を乗せて走る一台の救急車と、
上野駅へ急ぐ久がすれ違った。

★で、どうなりましたか?
はい、青木伊都子・19歳(巨乳・巨尻)です。
後日、入院してる剣崎病院に山脇久は、やってきました。
で、私はズボンのチャックを下げて、久が巨根であることを確かめました。

★けがの方は、どうなんです。
はい、全治10日でした。
で、フェラチオをしました。

★退院して、山脇久と交接したのですか?
はい、私も久も既にセックスを経験していました。
で、事後、久は、
「事を成し遂げる者は、愚直でなければならぬ。
才走ってはうまくいかない」
私は、
「要領よくという考えは、人生を意義あるものにしてくれない」
と言って、ブッと屁を垂れました。

★あなたは、イヤラシイ究極ボディなのではありませんか?
はい、そうなんです。
スケスケ下着です。

★雪絵と久は、セックス関係はあるんですか?
浜瀬雪絵・21歳は、久の股間に手を伸ばしたのですが、
久は「伊都子さんのお婿さんになるんだから、ダメです」
と言って、泣いて拒否しました。
しかし、久は陰茎を起ててしまい、雪絵に犯されました。
事後、雪絵は、
「麦の芽の二葉の伸びに朝日が射している。
父のことが思われる」
と言いました。

★知子とはどうなんです。
知子は、久を自宅に連れて行き、夫の前で犯しました。
夫の索四郎・44歳が粗チンなのです。
で、久の巨根を取り出して、
「男はこのぐらいなきゃダメよ」
久「ご主人、随分粗チンですね」
と言って、胸を張り,大笑したのです。
で、知子が久と嵌ろうとして、久は抵抗したのですが、
雪絵同様に犯されました。
事後、知子は、
「教育とは、人々が知らないことを教えるのではなく、
実例によって道を拓いてやる、不断の困難な仕事である」
と言いました。

★索四郎は、自慰しましたか?
はい、だらしなく射精しました。
なお、索四郎は東大教授で、日本は核兵器を持つべきだと言ってます。
索四郎は、自慰後、
「あぢさゐの藍が綺麗だ」
と言いました。
で、田舎の神主の息子が気の毒になった私は、長野県の田舎に行きました。

★セックス面で、どうですか?
はい、保川道助・35歳は童貞で、巨根でした。

★袴をめくったのですか?
はい、立派な巨根でした。
私は、ヌルヌルローションをたっぷりカラダに垂れ流しました。
事後、道助は、
「自分の内なるものも外なるものも、見ているものを変える必要はない。
ただ見方を変えればいいのだ」
と言いました。

★屁は垂れましたか?
垂れませんでした。
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 1月10日(水)22時51分10秒
  幼い頃、両親を亡くした中根徹は、
中学を出ると造船所の溶接工として働きに出た。

明るく可愛い高校生の妹・伸子との二人暮しは幸福だった。

徹には中学時代の親友・大村忠雄と浦松雄三がいる。

忠男は徹と同じ造船所に、雄三は陸送の運転手をしている。

ある休日、三人はドライブに山かけた。

ところが雄三のちょっとした不注意から少年をはねてしまった。

徹は、雄三が田舎の母や妹たちに仕送りしており、
この事故による免許停止の処分を察して、身代りになった。

幸い少年は軽傷だったが、
少年の姉・市橋邦子は、見舞いに来た徹の頬を思いきりぶった。

だが数日後、徹が身代りであることを知った邦子は、
徹の優しさに好意を感じた。

邦子は、徹の造船所の下請け会社に働きながら
父親のいない家庭の生活を支えていた。

やがて、徹と邦子の交際が始まった。

★セックス面で、どうですか?
はい、市橋邦子・29歳(巨乳・巨尻)です。
中根徹・20歳(巨根・童貞)を筆下ろししました。
事後、徹は、
「万人の福利を願うことが、自らの福利につながる。
自分や自分の所属する小社会のみの福利を願う人は利己的であって、
そうすることは、けっしてその人のためにはならない」
一方、私は、
「不幸からよきものを生み出そうとし、又生み出しえる者は賢い人である。
与えられたる運命をもっともよく生かすということは、人間にとって大事である」
と言い、ブッと屁を垂れました。

★徹は、クリトリスを愛撫しましたか?
はい、また舐めました。

 石油危機による不況の荒波は造船所にも押し寄せて来て、
徹も忠男も自宅待機となった。

そんなある日、徹は人事課に勤務する河村奈美から
人員整理の対象は独身者であることを知らされ、
忠男と恋人の和代に結婚をすすめた。

忠男たらは結婚した。

だが、楽しいハネムーンから帰って来た二人のもとに解雇通知が届いていた。

一方、徹は残留となった。

徹は人事課長の吉見と奈美の情事を知っていたからだった。

忠男は徹が吉見にうまく取入ったと思い徹を憎んだ。

★セックス面で、どうですか?
はい、大村忠男・20歳(童貞・巨根)と
下沢和代・24歳(処女・巨乳・巨尻)は、激しく交わりました。
事後、忠男は、
「事をなさんとすれば、智と勇と仁を蓄えねばならぬ」
一方、和代は、
「わたしたちのつとめは、この素晴らしい世界になにか貢献すること」
と言って、ブッと屁を垂れました。

 その頃、邦子の会社も倒産してしまい、
邦子は徹に黙ってキャバレーのホステスとして働く決心をした。

数日後、ビル工事の作業員として働いていた忠男が転落死した。

徹は泣き崩れる妊娠中の和代を前にして
呆然と立ちつくすのみだった。

さらに徹を悲しませる事件が起った。

奈美が結婚の約束を守らない吉見を恨んで自殺を図った。

★未遂ですか?
はい.

 徹は純真な奈美をもて遊んだ吉見を許せなかった。

徹の怒りが爆発した。

彼は吉見を呼び出すと狂ったように殴りつけ、辞表をたたきつけた。

退職金を和代に渡した時、徹は何となくさっぱりとした気持だった。

★吉見は、粗チンですか?
はい、私が取り出して、吉見を後ろ手にして、社内を歩かせました。
全員が大笑いでしたが、清掃のおばちゃんが、フェラしてしまいました。
で、おばちゃん・安喰昭絵(58歳)は、吉見(39歳)と
皆の前で交接してしまったのです。
事後、昭絵は、
「粗チンだけど硬くてよかった。
これからは、女陰が疼いたら、使う。
処で、弱いものを救い上げるだけでは十分ではない。
その後も支えてやらなければ」
いっぽう吉見は、
「人生は学校である。
そこでは幸福より不幸の方が良い教師である」
と言い、ブッ屁を垂れました。

★そのセックスの場に徹が来たのですか?
はい、で、再び吉見を殴りつけました。
すると安喰昭絵は、「もうそのぐらいにしてやって」と言って、
徹の股間に食い付きそうになったので、徹は逃げ出しました。

 数日後、駅前のやきとり屋台。

忙しく働く徹のそばにそっと一人の女が近づいた。邦子である。

「いらっしゃいませ!」「毎度どうも!」
と二人の威勢のいい声が
夕方の雑踏にかき消されそうだった。

★奈美はどうですか?
回復して、浦松雄三に手を出しました。
事後、雄三は、
「童貞だったのを筆下ろしされました。
処で、ある程度までのところ、
所有が人間をいっそう独立的に自由にするが、
一段と進むと所有が主人となり、所有者が奴隷となるのです」
と言い、一方、奈美・22歳(巨乳・巨尻)は、
「運命がカードを混ぜ、われわれが勝負する」
と言って、ブッと屁を垂れました。

で、和代は父親が必要だと言って、浦松雄三を夫にするつもりです。
雄三も親友の代わりを務める気です。
で、お腹の大きい和代とセックスしています。
雄三は、
「こうやってると、お腹の子は、僕の子供になるんだ」
とよく分かりませんが言っています。

★徹とのセックスはどうですか?
はい、徹は 私が耳元で淫語を連発するのがエロいと言ってます。
おまんこいいというと徹は凄くちんぽを硬くさせます。
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2018年 1月 1日(月)16時26分17秒
編集済
  秋田の宿屋

高宮純子は、常に自分の生き方を模索する現代女性である。

彼女は病院の一人娘として医師、
有坂を夫に迎えようとする両親から逃れるため、
田沢湖への旅に出た。

純子が東畑勉と知り合ったのは、旅先の田沢湖であった。

純子がハンドバッグを盗まれて無一文となったところを
勉は、親切にしてくれた。

警察への手配と旅館への送りをした上に、
一万円を貸してくれた。

純子はその勉の住所を書いたメモを帰京の車中で失くしてしまった。

東京に戻った純子は、
お金を返すべく、うろ覚えの記憶をたよりに
懸命に勉を探し始めた。

新聞広告まで出したが、ついに勉は見つからなかった。

二ヵ月たったいま、
純子は自分の心の中に勉に対する慕情が芽生えつつあるのを知った。

更に一ヵ月後、二人は偶然国立競技場の前で再開した。

勉は小ざっぱりした背広姿であった。

田沢湖で出逢った時の勉の姿からは想像も出来なかった。

勉は、ある大学の天文学の研究所に籍をおいていた。

翌日、純子は勉のアパートをたずねた。

胸はずませる純子の前に現われたのは、
意外にも女だった。

純子は強い失望と心の傷みを感じたが、
その女が勉の妹の玲子と判ってホッとする自分がおかしかった。

勉は純子が自分のために東奔西走したことに恐縮し、
その行為に言い知れぬ感動を覚えた。

純子もまた“星”を語る時の勉に、少年のような純粋さを感じた。

星の美しくまたたく夜、二人はぎこちなく結び合った。

★セックス面で、どうですか?
はい、私・高宮純子・25歳(処女・巨乳・巨尻)は、
東畑勉・27歳(童貞・巨根)と交接しました。

★ぎこちなかったのですか?
はい、処女と童貞だったのです。
勉さんの亀頭は、ピンク色でした。
後、顔射というのでしょうか、されました。
で、事後、私は、
「今の時間を大事にできない人は、未来の時間もきっと大事にはできない。
ここで自分らしく生きることができない人には、次なる道は開けない」
勉さんは、
「人生とは、今日一日一日のことである。
確信を持って人生だと言える唯一のものである。
今日一日をできるだけ利用するのだ。
何かに興味を持とう。
自分を揺すって絶えず目覚めていよう。
趣味を育てよう。
熱中の嵐を体じゅうに吹き通らせよう。
今日を心ゆくまで味わって生きるのだ」
と言いました。


翌日、勉は純子の父に結婚を申し込んだ。

その夜、父の鉄拳はようしゃなく純子の顔面を打った。

純子は、激しく降りしきる雨の中を夢中で家を飛び出した。

彼女は思い出の田沢湖の北の宿へ旅立った。

むろん、勉も後を追って来る手筈になっていた。

北の宿には、さまざまな人生を背負った女や男がいた。

その一人、宿で働いているすみ子は、
出稼ぎに行ったまま帰らない恋人をひたすら待っていた。

そしてまた、
泊り客の愚連隊風の若い男、マー坊と十七歳の家出少女、リエの
あっけらかんとした現代的なカップルに、
純子は奇妙な友情を覚えるのだった。

純子は、二人のたっての希望で、
ただ一人、二人の結婚式に立ち合った。

★セックス面で、どうですか?
はい、すみ子は、25歳、巨乳で巨尻です。

★既にすみ子は、処女膜は破られているのですか?
はい、出稼ぎに行った北村武・21歳・巨根とやっています。
で、この頃、専ら自慰なんです。


翌日の早暁、
マー坊とリエは自動車もろとも朝日のきらめく田沢湖に飛び込んで死んだ。

マー坊は、銃砲店を襲った犯人だったのだ。

その頃、勉は純子の父から、医者になって純子と結婚し、
病院を継いで欲しいと説得された。

北の宿に勉がやって来た。

勉は医学部に入り直して医者になる決心を純子に告げた。

それが純子を愛することだと思った。

だが、純子は勉の決心が自分のためとは分っていても、
父の財力をあてにし出した勉に幻滅した。

二人は寒い北の宿で、夜の更けるまで話し合った。

勉は、自分が間違っていたことに強い自己嫌悪を覚えた。

翌朝、勉は一片の紙きれにただ一言、さよならと書き残して宿を出た。

純子は、勉への愛の未練に耐えて、
田沢湖のほとりに一人淋しくたたずんでいた。

彼女の美しい瞳から、一筋の涙が流れていた。

★セックス面で、どうですか?
激しくやりました。
そうしていると、すみ子さんが入って来て、
「私にもやらせて欲しい」
というので、やらせてあげました。
で、そこに出稼ぎに行ってる思った北村武が、
がらっと襖をあけて、入って来ちゃったんです。

武「あっ、ずるい、ずるい」
すみ子「でも、女陰がむずむずしたら
他の男とセックスしていいと武さん、言ったじゃない」
勉「武さん、ごめん、ごめん。
じゃ。武さんは、純子さんと嵌ったらどうだろう」

ということになり、私は武さんと嵌りました。
で、この後のことですが、
私は、仕方なく医師・有坂和一郎・34歳と結婚し、その時の約束で、
勉ともセックスは続いているのです。

★和一郎の前で、勉と嵌っているのですか?
はい、夫は純子さんの自由にしたらいいといいます。
なお、夫は私に筆下ろしされた後、
「実は、歴史上の人物で好きな人が3人いる。
織田信長、諸葛孔明、そしてナポレオン」
と言いました。

★勉はあなたの父に巨根を誇示したのですか?
はい、父・守雄(52歳)にゾローンと誇示しました。

勉「お父さん、男はこのぐらいなきゃ、ダメですよ。
出してみなさい。お父さんの粗チンを」

父は、粗チンを出して、泣きました。
で、勉さんは、母・和美(50歳)のお尻を捲ると
巨根を差し入れたのです。

母は、「最高だわ。こんなの。
もうこの巨根を手放せない。
実は和一郎のも食べたんだけど、いまいちだったの」
私「え?そんな」

で、母は、事後、
「世間からいくら拍手喝采をあびようとも、
結局、自分らしく生きているという実感が得られなければ、
何の意味もない」
と言いました。


 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2017年12月18日(月)03時03分36秒
編集済
  藤田淑子、24歳、議員です。
で、【関東軍】です。
1919年に、関東州と南満州鉄道との防備のために設置された日本の軍隊です。

本部は旅順ですか?
はい、で、
張作霖爆殺事件や満州事変を引き起こしたり、
満州国を建国したりしました。
しかし、張鼓峰事件やノモンハン事件などの
対ソ戦で敗北し、終戦直前の1945年8月9日のソ連軍の攻撃で壊滅しました。
日本に帰った2等兵・三宅墨太郎、28歳は、童貞で、
47歳の戦争未亡人・真田奈美恵に筆下ろしされました。
事後、三宅墨太郎は、
「良いものでも、悪いものでも、人生での経験には感謝します」
と言いました。
すると、そこに全裸の同じく戦争未亡人・木山まや・30歳が入って来て、
再び三宅墨太郎は、セックスしました。

それまで、木山まやは、オナニーしていたのですか?
はい、で、既に大濡れでした。
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2017年12月17日(日)00時45分54秒
  不破しずえ、43歳、キャリアウーマンです。

控え目な性格が災いしましたか?
はい、部長・福島恒男(48歳)が、陰茎を見せました。
で、巨根だったので、咥えました。
聞いたら、童貞でした。

筆下ろししましたか?
はい、ロッカールームで。
事後、福島恒男は、
「さあ、俺も立ち上がるかな
まあ、もう少し坐つてゐよう」
と言い、私は、
「危険を冒して前へ進もうとしない人、
未知の世界を旅しようとしない人には、
人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれない」
といって、ブッと屁を垂れました。

処で、路上で、知らない男の身体に触れましたか?
はい、股間を握りました。
大きかったので、あけたら、やっぱり巨根でした。

咥えましたか?
はい、その後、嵌りました。
事後、その男は、
「私は、平野勝志・37歳・童貞です。
農業で、今、薬局の帰りです。
処で、夢中で日を過ごしておれば、
いつかはわかる時が来るものです」
と言いました。

その後、平野勝志をホテルに呼び出しましたか?
はい、そうなんです。
で、強引にセックスまでしてしまうのです。

強引ですか?
はい、私に脅かされてると思ってるようなんです。
撮影したので、それでなんです。

@@@

登出まのら、30歳、農民です。

大金ですか?
はい、大金と巨根を手に入れました。

同時に手に入れたのですか?
はい。

極悪ですか?
いえ、善良です。
処で、常識とは
十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいうのです。

@@@

淵中孝子、34歳。
町内の越智彦三郎・43歳が、
「あくまでも敵を撃滅し
畏くも開戦に當り
下し賜はった御詔勅に
應へ奉らんことを期さう。.
敢然と身を挺し
沈着機敏、
國土防衛に立った國民に
感謝と信頼を。
そして不幸敵弾に死傷された方々に
心から哀悼の意を表し
誓って 誓って
國土を護りぬかう」
とぬかしたので、少尉で粗チンの夫に連れて来させました。
股間を見ると、夫と同様、粗チンでした。
私が、夫に巨根・童貞が欲しいと言うと、
夫は、奥田正男2等兵・29歳を連れて来て、
私は、筆下ろしをしました。

亀頭にキスしましたか?
はい、立派なカリでした。
で、事後、正男は、
「人は、運命を避けようとしてとった道で、
しばしば運命にであう」
私は、
「道に迷うことこそ、
道を知ることだ」
と言いました。
そうしている間に、夫と彦三郎は、男同士で69を始めました。
ほんとに馬鹿です。
 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2017年12月 7日(木)22時51分43秒
編集済
  藤川泉の私小説・告白


1956年
画家・藤川行道の個展が
京都のある百貨店で開かれ盛況であった。

その百貨店に働く彼の娘の泉は
電気洗濯機を買って帰ることを父に約束させた。

その夜
家で母の志津を交えた一家は
ささやかな御馳走を作って父の帰りを待っていたが、
行道は泥酔して帰って来た。

翌日、
電気洗濯機の代りに
植木屋が羅漢の石像を運んで来た。

泉は妻や家のことを考えない父に腹を立て、
恋人の原田隆の下宿を訪れた。

原田は絵を勉強している青年で
以前、泉との結婚を直接、行道に話して断わられていた。

彼はその理由を、
自分が経済的自立をしていないからだと解し、
仕事を探していた。

彼は泉に就職が決まったら
もう一度話しに行くというのだった。

★セックス面で、どうですか?
私・藤川泉(21歳・処女・巨乳・巨尻)は
原田隆(23歳・巨根・童貞)とセックスしました。

★大きくムッチリとしたお尻ですか?
はい、男好きのする体型と言われます。
そして、品格を感じさせる口調と物腰とも言われます。

★愛液を垂れ流しましたか?
はい、びちゃびちゃ濡れまんこでした。
後、卑猥な指使いで陰嚢をにぎにぎしました。

★隆に自慰を見せて欲しいと言いましたか?
はい、というか
セックスの本に童貞は一回、
射精したほうがいいと出てたので。
見て、驚きました。

★セックスはどうでしたか?
気持ちよかったので、何回もしました。
で、事後、隆は、
「他人の幸福をうらやんではいけない。
なぜならあなたは、彼の密かな悲しみを知らないのだから」
私は、
「扉に変わるかも知れないという、勝手な希望にとらわれて、
壁をたたき続けてはいけないわ」
と言いました。


泉はその日会社を休んで
大阪にいる姉の志摩子をたずねた。

志摩子は泉の恋愛に共鳴し、
根気よく父の理解を得るように忠告した。

★セックス面で、どうですか?
はい、姉の志摩子(25歳・巨乳・巨尻)も悩んでいました。
夫・芳正(27歳)が、浮気しろというのです。
で、自分の親友・尾崎敬(28歳・巨根・童貞)を連れて来ちゃって。
夫に脱がされて、敬の巨根を嵌めさせられちゃったのです。

事後、敬は、
「高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。
高い所へは、他人によって運ばれてはならない。
人の背中や頭に乗ってはならない」
姉・志摩子は、
「人生のほとんどすべての不幸は、
自分に関することがらについて、
あやまった考え方をするところから生じる。
できごとを健全に判断することは、幸福への大きな第一歩である」
と言いました。

俺しか男を知らないのでは可哀想だとか言ってますが、
自分も志摩子姉さんしか知らないのです。
で、最近では、姉の志摩子も割り切ってしまって、
「じゃ、巨根・童貞をどんどん連れて来て」
と言ってます。
芳正は、大喜びで、社内やらどっかから集めて来ます。

社長の奥野睦夫・83歳も巨根・童貞で、
志摩子に筆下ろしさせました。
睦夫は、事後、
「長生きをしていると、過去はがらくたの詰まった屋根裏みたいになる。
探しものをしに屋根裏へ行ってごらんなさい。
なんでもあるけど、探してるものだけは見つからないでしょう」
と言いました。

志摩子は、83歳のビンビンに勃起したペニスをしゃぶりました。
私と義兄・芳正は見ていましたが、もちろん芳正は、おなっていました。
志摩子姉さんは、
「泉ちゃんは、経験が少ないから、教えてあげる」
と言って、フェラテクを示しました。

後、梶原満広の場合は、17歳で、
本人が嫌がって、でも、犯されてしまいました。
事後、泣いて、もう結婚できないとか言ってました。
姉は、ピンクの亀頭がいい、うちで飼いましょうといって、
同居しています。
姉は、のべつ犯しては、満広が泣いているのを見ています。
芳正と満広を全裸にして、並べて、満広のほうが、
陰茎が大きい、これからもっと成長するでしょうと言ってます。

見ていた私は、
「姉さん、満広の巨根、使っていい?」
「いいわよ」
事後、満広は、
「脱いだらスゴイ美乳桃尻で
クビレもエロいです。
処で、どうにも乗り越えられない障害にぶつかった時は、
頑固でないほうがいいでしょう」
私は、
「正しい判断力の持ち主は、太陽の持つ輝きはなくとも、
星のように不動である」
と言いました。


隆の就職が決まり、
彼は藤川家を訪れて泉のことをきり出したが、
またしても行道に断わられた。

志津も初めて夫に逆って泉の味方をした。

行道はぷいと家を出、
行きつけの酒場で酒をあおりながら、
「出来そこないの絵描きに娘はやれん」
といい、苦労をかけている妻の志津のことを思い浮べた。

★セックス面で、どうですか?
隆は、連日連夜、激しく私の巨乳・巨尻を求めました。
あんまり激しいので、私の母をあげようかといいました。

隆「え?お母さんとセックスできるの?」
私「うん、その代わり、私、大阪で姉の家で、
満広とやっちゃったの」
隆「もう、悔しい」

母・志津・49歳は、「夫しか知らないし、この際、やろうか」
と言って、OKしました。
私「そうよ。お母さん、清楚美人だし」

★母は、悶えましたか?
はい、それそれは、激しいものでした。
隆が、母に「おまんこ、いいと言え」と言うと
素直に「おまんこ、いい」と言いました。

処が、そこに旅行に行ってると思った父・行道・55歳が
予定より早く、帰って来ちゃったのです。

父「なんだ、これは」
私「こういうことになりました」
母「他の男も知りたくて」
隆「私も、泉さん以外に知りたくて」
父「馬鹿者。非常識だ」
私「あっ、お父さん、おっ起ってる」
母「本当だ。興奮してる。嬉しいんだ」
隆「じゃ、本来の形でセックスしましょう。
夫婦同士で」
父「馬鹿者。許してないぞ」
母「もう、いいじゃありませんか」
父「それもそうだな」

★で、4人で始まったのですか?
はい。
母「お父さん、陰茎で、隆さんに負けてるね」
父「悔しい」
と言って、泣きました。

母「今後も隆さんの巨根を使うよ」
父「仕方ない」
隆「お父さん、男はこのぐらいなきゃ、ダメですよ」
と言って、仁王立ちになりました。

母は父と済ますと、すぐ隆を挟んで3Pになりました。
父はおなっています。

母は、両人の陰茎を掴んで、直接比べて、
「これじゃ、こっちのほうがいいよね」
と言って、隆の巨根を咥えました。

その後、母・志津の男狂いが、始まってしまって。
童貞・巨根が欲しいというのです。

父は行きつけの酒場で、探すことになり、
鹿島清一・医師・31歳・巨根・童貞を連れて来ました。
事後、鹿島清一は、
「人生の経験とは、それをバネにして成長するための教訓だ。
だから、ほんとうにひどい出来事なんてないさ」
父は、おなりながら
「そうですね」
と言い、ブッと屁を垂れました。

その後、次々と童貞・巨根を呼ぶので、
母は、裸エプロンで、対応しています。

なお、隆は私が満広を大阪から呼ぶことに賛成してくれました。

 

真言

 投稿者:ボリビア  投稿日:2017年12月 7日(木)15時43分15秒
編集済
  田上亮子、33歳。昭和19年3月。
「この戦争において現れた最も大きな事実は、日本の教育の欠陥だ。
信じ得ざるまでの観念主義、形式主義である。
樺太その他の漁業場で、ありあまって困るにしんや魚を統制するのである。
統制そのものが目的なのである。
また一つの命令に対しては、ゆとりのない画一的実行だ」
大西行雄・37歳が言いました。

★セックス面で、どうですか?
で、大尉で貧チンの夫に、行雄を連れて来させて、陰茎を取り出しました。
巨根で童貞で、筆下ろしをしました。
事後、
私「あなたの仰る通りです」。
夫の三九郎は、にやにやして、貧チンを擦っています。
行雄「あの人は、いつもあんな調子なんですか?」
私「ええ。ただの馬鹿です」
と言って、三九郎の貧チンを踏んづけると、だらしなく射精しました。
で、私たちは再びセックスを始めました。

@@@

大田誠子、25歳、昭和16年。
町内の肉屋・野橋恵三、48歳が、
「子も馬も 捧げて次は 鉄と銅」
と言いましたので、
夫で、少佐・貧チン・童貞・清司・31歳に、
連れて来させました。
陰茎を取り出してみると、貧チンで、聞くと、童貞でした。
「お前は、子供もいないのに、そうやって、煽ってどうする」
私は言いました。
そして、貧チンの恵三を全裸にしました。
すると全裸で見守っていた清司が貧チンを起てて、恵三に近寄りました。
二人は、なんと男同士で69を始めてしまったのです。
怒った私は、二人の貧チンを蹴ったり、踏んづけたりしました。
二人は、だらしなく射精しました。

 

レンタル掲示板
/66